JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

平成16年に調停離婚。私名義の家については、私の名義のまま相手方に譲渡、住宅ローンの残債については、相手方が債務を負う、ただし、養育費の支払い期間のうちはその返済を折半するとして、

質問者の質問

平成16年に調停離婚。私名義の家については、私の名義のまま相手方に譲渡、住宅ローンの残債については、相手方が債務を負う、ただし、養育費の支払い期間のうちはその返済を折半するとして、私も半分負担していました。 その家は現在も相手方のほうで居住しています。
19年までは相手方のほうで固定資産税を納税していたようですが、以降分については納税していなかったようで、役所から名義人である私あてに財産差し押さえの通知予告が届きました。
調停調書には、固定資産税の支払いをどちらがするという記載はなく、譲渡したことになっているため、税の支払いも相手方の義務であると思っていたのですが、この場合どうなのでしょうか。
現に4年弱の間、相手方のほうで支払いしていたわけですし。
よろしくご教授のほどお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

調停調書が不完全なものだったので生じたトラブルという印象は否めませんが。通常は常識的に考えたらお住まいになる方が固定資産税はお支払になるものなので、敢えて調停調書に盛り込まれなかったと好意的に考えることも出来ないのでしょうが。キチンと「固定資産税は妻が負担する」と書いておくべきだったと思います。(実際、私が協議離婚の離婚協議書の作成を依頼された場合は、こういうトラブルを回避するため、固定資産税の支払についても誰がするかまで記載してます。)

 

住宅ローンは、完済するまでは名義変更は通常出来ませんので、固定資産税を滞納すれば、その通知は名義人である貴兄のところに否応なしに来てしまいます。

 

元奥様に固定資産税をお支払になるように言ってみてはいかがでしょうか。市(区)役所に事情をお話になって、元奥様の方に督促するように一応言って頂くのもよいと思います。

 

但し、名義人がご自身になっているので支払義務者は一応ご質問者様に残念ながら形式上はなると思います。 

 

調停調書にキチンと奥様が固定資産税の支払をする旨を明記しなかったのは、今となっては失敗だったという印象です。 

 

今からでも可能でしたら、固定資産税の支払者は元奥様にするという内容の公正証書を作成して下さい。若しくは、離婚後紛争解決調停の申立てをして、その旨を改めて調停証書に明記してもらって下さいませ。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
早速の回答ありがとうございました。
公正証書とは、私のほうの手続きで作成できるものなのでしょうか。
また、離婚後紛争調停を申し立てした場合、相手方の納税義務として承諾させられるものでしょうか。
重ねての質問で恐縮ですがどうぞよろしくお願いします。
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

公正証書とは、私のほうの手続きで作成できるものなのでしょうか。

貴方をX、元奥様YとするとYも同意しないと公正証書は作れません。一時的にYが支払をしても、また支払が滞ることもありえますのでYが同意すれば公正証書にして支払が滞れば強制執行をかけられてもやむを得ない旨の受諾文言を入れておけば、支払が滞る可能性はかなり低くなると思います。あくまでもYが同意した場合ですが。

 

また、離婚後紛争調停を申し立てした場合、相手方の納税義務として承諾させられるものでしょうか。調停はご存知のように相手に出席を強制出来るものではないですが。今回のトラブルは、16年の調停の際に明記しておくべき内容が漏れていたというケースです。いわば、調停で決定した事項が雑 だったと言えると思います。通常、固定資産税は住む人間が払うものなので、Yが払うのが当然と考え敢えて決めず書かなかった(ここが失敗の原因ですが)。実際、離婚後紛争調停の申立てをしてみないとどうなるかは分かりませんが。本来書いておくべきだったものが書かれていなかっただけですから、Yが支払い義務者と認められる可能性は高いと思います。

shonansolicitorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
詳しい説明でよく理解出来ました。ありがとうございました!
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

多少なりともお役に立てて光栄です。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問