JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 498
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

親権を父親に取られそうなのですが、母親はショックで気落ちしております。離婚したい理由は同居の両親の暴言に耐えかねてと

解決済みの質問:

親権を父親に取られそうなのですが、母親はショックで気落ちしております。離婚したい理由は同居の両親の暴言に耐えかねてと聞いております。絶対子供を母親のそばにおいておけるように味方してくださる弁護士さんをさがしております。どうやって探せばいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 5 年 前.

dai60962000と申します。ご質問いただきありがとうございます。

インターネットをお使いでしたら、なるべく近接の方を検索して探されたほうがよいと思います。特に民事にたけた「町弁」の方がお勧めです。あとは、面談してみて、あなたとフィーリングの合う方を選んでください。弁護士と意思疎通がしっかりできていないと、妙案が見つかりません。たいてい30分5千円の相談料を取られますが、何人か話をしてみてから決めてください。「近隣の方」というのは、相談・打ち合わせを密にできることが大切だからです。

試行の部分で、お書きの調停が終盤とありますが、調停はあくまで話し合いの場ですので、納得いかなければ合意する必要はありません。調査というのは、調査官が各家庭を訪問して調査を行った結果をもとにしていますが、拘束力はありません。改めて裁判で決着をすればよいのです。

ただ、弁護士の力で結果がどうとなるものではありません。通常では母親有利になりますが、裁判では直接相手の批判・標榜の応酬となります。時間も労力もかかります。覚悟を持って立ち向かってください。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問