JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

40台の男性です 約3ヶ月前に離婚話を切り出し1ヶ月前にアパートを借りて別居中です。 性格の不一致、金銭感覚、子

解決済みの質問:

40台の男性です
約3ヶ月前に離婚話を切り出し1ヶ月前にアパートを借りて別居中です。
性格の不一致、金銭感覚、子供の教育等溝が深まりセックスレスも5年以上です。
裁判まで言った場合には離婚できるのでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

性格の不一致や価値観の不一致を理由に離婚する場合は、それによって既に関係が冷めきっており、婚姻生活を続けることが不可能という状況になっているかどうかがポイントとなります。

これは個別具体的な事情を積み上げていって、その判断をするものですので、一概には言えませんが、ご質問のケースであれば裁判で認められる可能性も十分にあろうかと存じます。

 

相手方が話し合いに応じない状況であれば、まずは別居等もご検討の余地がありますが(別居し、それが長期に渡れば離婚しやすくもなります)、それも待てないようであれば、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることもご検討されてみてはいかがかと存じます。

 

【離婚調停】

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_01/index.html

 

調停であれば、あえて専門家に依頼しなくても、大変ではありますがご自分で対応できるものかと存じますし、仮にそれが不調で終わるにしても、調停手続きの中で裁判所、調停委員といった第三者の客観的な意見を聞くことにより、その後裁判まですべきか否かの判断材料にもなりえますので有益な手続きになろうかと存じます。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

相手方は時間をおき、すべてを改めると主張していますがこのような主張を裁判等でした場合はどうなのでしょうか?

また、うわさで私が別居して他の女性と噂があるのですが不利な条件となりますか?

用事があり相手方を訪ねて行ったことがありますがそれだけです。

 

なお、いま別居して1ヶ月が経過しています。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

相手方の時間をおいて関係を修復したいという主張は、婚姻関係継続への意欲ととらえられますが、それを補って余りある離婚事由があれば問題はないかと存じます。

また、ご質問者様にある噂があくまで噂であれば、それを立証することはできないので問題ないかと存じますが、万が一本当に不貞行為があった場合は、こちらから離婚を請求するのはかなり困難になろうかと存じますのでご注意ください(できないわけではありませんがかなり不利になります)。

別居期間が半年~1年程度たっても関係が修復できなければ、離婚できる可能性も高くなろうかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答中の「それを補って余りある離婚事由」とは具体的にどのようなことなのでしょうか?

セックスレスとかも当てはまるのでしょうか?

あと話し合い中に私の親に対しても批判的なことを言ってきたのですがこれもひとつの理由になるのでしょうか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

性格の不一致や、金銭感覚のズレ、セックスレスの含め、そのひとつひとつの具体的な内容を総合して、婚姻生活を続けていくことが困難であると判断されるものであれば裁判で離婚することも可能かと存じます。

先にも述べました通りこのような事情はひとつふたつではなく、全て積み上げていくことが重要です。ご両親についてのことも婚姻生活継続に影響を与える事情のひとつですので、ご主張すべき事由のひとつになろうかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問