JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

離婚が決まりましたが、問題が二つあります。住宅ローンと子供の養育費です。住宅の名義は、私と主人と私の祖母の三人になっ

解決済みの質問:

離婚が決まりましたが、問題が二つあります。住宅ローンと子供の養育費です。住宅の名義は、私と主人と私の祖母の三人になっていて、ローンは主人の名義であと1500万ほどあります。家には私と祖母と子供が残ることになります。この場合やはり残りのローンは全額私が払うべきでしょうか?主人の名義を外すにはいつどのようにすればいいのでしょうか?あと養育費について、子供は2人ですが一人は前の旦那との子供なので、養子縁組をしていれば請求することはできるのでしょうか?少しでも損をしないための方法があれば教えてください
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
離婚に伴い、離婚原因に伴って慰謝料、婚姻期間中の貢献度に応じて財産分与、そして離婚後の養育費、と財産に関する事項が3つあります。

これらに伴って、だれがいくら支払うのかを決めるのがまず先ですね。

これを決めた上で、住宅について、
・誰の物にするのか
・誰がローンを支払うか
・誰が住むか
を考えることになります。

引き続き住まれるからといって、あなたの名義である必要は必ずしもありませんが、
住宅を貰い受けるほうが安心できるのであれば、住宅の名義もご質問者様に変更
してしまった上で、ローンだけ引き続き支払いをお願いする、あるいは養育費と全部
または一部を相殺するということも考えられます。

支払済の金額や、現在の住宅の相場によっても有利不利は変わってきますよね。

これではもらいすぎだということであれば、支払済の金額が少ないのであれば、名義
は相手に渡してしまって、幾らかの現金をもらい、家賃と養育費を相殺するというような
方法も考えられるでしょう。

いずれも相殺というのを含んでいますが、養育費の延滞防止にもなるという意図を
含んでいます。もっとも、養育費は双方の収入に応じて、変動しますので完全に
相殺だけで終わらせるのは難しいかもしれませんが、もらうお金だけではなく、
こちらからも支払わなければならないお金があることで、養育費を請求しても
相手方と連絡が取れない、、、というリスクを減らすことが出来るかと思います。

前婚のお子さんには、養父と実父、そしてご質問者様の3人の親がいることになり、
それぞれの収入状況に応じて、負担することになります。
但し、離婚に際して、離縁(養子縁組の解消)を申し出られる可能性もあるでしょう
から、この点は話し合いになります。(離縁が成立すれば、養親には扶養義務が
なくなります。)


質問者: 返答済み 5 年 前.

住宅の名義を変更する場合、離婚届を出す前と、出した後とでは、何か違いはありますか?税金的なもので損をする場合があれば教えていただきたいのですが

専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
離婚に伴う財産分与や慰謝料などとして不動産を譲渡する場合、譲渡する側に
所得税がかかる場合があります。

これは、例えば、2000万円で購入した土地が2500万円に値上がりしていた場合、
差額の500万円分儲かっていると考えるからです。
※土地部分については、単純に価格を比較すれば良いのですが、建物部分は
利用により消耗する点を別途考慮することになり、計算が複雑になります。

建物の損耗分を別にしても明らかに値下がりしているということであれば、
損失が発生しているということで、離婚前後どちらでも関係有りません。
もし、上昇している可能性があるようでしたら、離婚後の譲渡であれば、
居住用財産の特例という制度の適用を受けることで、3000万円の特別控除
を受けることができます。
(親族には適用されないので、離婚後が有利ということになります。)

http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3302.htm

※一般的には上記の通りですが、購入時期や価格、その他の個別事情により
結論が異なる可能性もあります。税金に関する処理は、手続きを行なってから
では取り返しが付かないことが多くありますので、双方の条件がまとまった後、
名義変更の手続を行う前に、購入時の契約書やローンに関する資料を持参して
税理士さんにご相談されることをおすすめします。
houmuをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問