JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4812
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

妊娠・中絶に関する質問をさせてください。 当事者は男性30歳(会社員)、彼女は27歳(会社員)、浮気相手=先方(3

解決済みの質問:

妊娠・中絶に関する質問をさせてください。
当事者は男性30歳(会社員)、彼女は27歳(会社員)、浮気相手=先方(32歳派遣社員・妊娠)
当事者と浮気相手でメールベースで解決を図っているのですが、かなり困惑しております。
本日中に連絡をするのですが、浮気相手からは中絶+100万円+中絶費用+誓約書で合意しそうなのですが、以下に書いている私の希望と100万円という金額の適正について、誓約書の内容および必要性についてお聞きしたいです。

以下時系列で状況を説明します。(今年の出来事です)
日時 曜日 内容
2月25日 土曜日 行為を持つ(当事者と浮気相手が同意のもと行為が及ぶ。先方は当事者の彼女         の存在を認識済み)
2月27日 月曜日 お互い守秘すること合意 (社内用メールにて先方からの申し出有。その後も浮         気相手から遊びの誘いメールが送られてくる。)
3月12日 月曜日 先方よりメール有。夜中に妊娠検査薬の結果(陽性反応)を聞く
3月13日 火曜日 話し合いを持つ (先方が自分で解決をするとの結論)
3月14日 水曜日 先方病院に行く (正式妊娠・当事者中絶を伝える・先方は中絶を一時撤回。          ただし病院に行ったこと及び妊娠については彼女からの口頭報告のみ。さら          に当事者に対し彼女と別れるように要請有)
3月15日 木曜日 当事者彼女と別れる。 (当事者から先方に連絡 「選択権は先方にある・選         択(中絶・出産)
話し合いを持つ
3月16日 金曜日 当事者正式に提案 (中絶を選んでほしい。彼女は産みたいとの連絡)、先方         から代理人を今後は通してほしい
中絶は拒否、お金での提案をうける
3月17日 土曜日 先方から提案 (1、中絶+100万円当事者払い、2、中絶、当事者と付き合         ってアフターフォロー。3、結婚)
当事者 1の中絶+100万円+中絶費用負担を伝える
中絶は先方の通う病院は8週まで?(彼女が耐えられるのが8週目?)
先方、先方の父へ連絡(父激怒。3月16日に婚約者と別れたとの文面より婚約         者の存在が発覚)
先方から追加提案 1の場合、 誓約書を結ぶ+退職
(誓約書内容・・・身辺整理の事実が正しい+他言無用、 もし両者が事実で         ない場合、裁判に訴えるとのこと)
先方、産む場合、誓約書を取り交わす(認知、養育費もいらない)
その後、当事者の退職願いを撤回
先方、本心は産みたい
現金100万円を持って父と再度説得をするとのこと、いつになったら会えるか         の連絡会う日に100万円を持ってこいとのこと
当事者 日曜日(3月18日)に回答すると連絡

不明確な点
本当に当事者の子か?(婚約者の子ではないか)
妊娠は本当か、事実であれば何週目なのか
100万円の根拠(慰謝料?)及び、この金額で関係が絶てるのか
誓約書を交わした場合、これは適切か
仮にこの誓約書合意後、反故した場合、裁判を起こすが、
裁判で何を訴えられるか。
お互い同意のうえでの行為で慰謝料は必要か

当事者の希望
妊娠の事実は本当かを知りたい(証明する書類の提出を求めたい)
妊娠であれば当事者の子かを知ること
中絶を早い段階で行ってほしい
お金(中絶費用)は渡す
お金を渡した時点ですべて終わりにしてほしい
誓約書の身辺整理についての記述はのせない(理由が不明確な為)
誓約書内容は金銭のやり取りを終えた時点ですべて終わらせるとの内容。裁判を含め異議申し立ては全て起こさないという内容。

弁護士に対する質問
当事者の希望は法律的に通用するか
妊娠を証明する書類の提出を求めることは可能か
誓約書の必要性
誓約書の内容
金額の適正
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

弁護士の先生の意見をご希望ですが、男女問題の専門家としてアドバイス致します。

基本的に、避妊をしてないで行為に及んだのが発端となっているようです。

今後は、注意された方が良いですね。

 法律的に、中絶に対する慰謝料と言うのは想定されていません。

おっしゃる通り双方が婚約者等がいたとしても合意して行ったことですからね。

ただ、彼女は産みたいと言っていますから、説得させるための迷惑料的なものは

必要かもしれません。

ご相談者様としては、彼女とご結婚やお子様が欲しと言うことでないと言うことであれば

ある程度の譲歩は必要かもしれませんね。

それにしても、彼女の親御様まで出てきておきながら、何ら解決の方向性を

示さないのは困りものです。

 ご質問にお答えいたします。

1、現在では妊娠中の胎児の段階で羊水等で、DNA鑑定は可能です。

当然、中絶するにしても、本当にご相談者様のお子様かどうかは知る必要が

あるでしょうね。DNA鑑定は5万円程度からできます。

費用はご相談者様が持つことになるでしょうね。

2、妊娠が発覚すれば、診断書も出るでしょうし、母子手帳も渡されます。

中絶は、22週までにしないといけません。それ以降は母胎の安全の問題もございます。

3、中絶が終われば、費用だけで慰謝料の発生も本来はありませんので

その上で、あえてお金を支払うのであれば、なんら問題がないと言えるでしょう。

仮に、出産すれば、認知の問題、養育費の問題(20年間払うとしても

1千万円以上にはなります。それを考えれば100万円程度はまだましな方かも

しれません。

更に、相続の問題もございます。

4、今回の件で契約書を作っても、金銭面では何とかなるにしても

行動面を抑圧したり強要はできませんし、それは無効です。

公正証書で作成するとしたら、もし第三者に誹謗中傷したら違約金を支払う

みたいな流れでしょうか。

5、いずれにしろ、先方が代理人を立てるように要求していますから

弁護士の先生に代理交渉をお願いした方が良いかもしれません。

当事者としては感情的になって適切な対応ができないかもしれませんね。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問