JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

2004年に前の夫と裁判離婚し、家庭裁判所で、二人の子供の養育費の取り決めをし、親権は私が持ち、育てております。今は

解決済みの質問:

2004年に前の夫と裁判離婚し、家庭裁判所で、二人の子供の養育費の取り決めをし、親権は私が持ち、育てております。今はお互い再婚しておりますが、定期的に前の夫と子供たちの面談もおこなっています。最近、前の夫が、再婚相手との子供が生まれたので、養育費の減額を申してまいりました。私としては、子供に費用がかかる年でもあるので、減額はあまりしたくないのですが、二十歳まできちんと払ってほしいきもちもあります。減額しなければならないですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 養育費の増減額請求についての条項はなかったのでしょうか?

 

  相手方が養育費の減額の調停申立てをされたということでよいのでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

減額の条項?記憶にないのですが、書類が今、手元にないので、確認します。

相手から、減額の調停申し立てはされてません。口頭で言われたので、どうしてもと言うなら、弁護士に相談すると言ったら、お願いしますと言われました。 

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。当初の回答者の方の指定回答時間が過ぎたようなので、早速ですが、当方より下記の通り回答させて頂きます。

  養育費の減額は、双方で合意なされば可能だと思いますが。 ご相談者様が同意なさらなかった場合、最初の先生がお聞きになっているように、元ご主人様が養育費の減額の調停の申立てを裁判所になさることは考えられます。調停ですのであくまでも話合いですが。 調停でも話合いがつかない場合ですが。元ご主人様は再婚相手の間にお子様が生れたとのことですので、最終的には減額が認められる可能性はゼロではないと思われます。ご参考になりましたら幸いです。

shonansolicitor, 行政書士
満足したユーザー: 435
経験: 中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
shonansolicitorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問