JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

重病の父親に合わせない妻と長女を何とかしたい。(以下2人と略します) 確かに相続を契機として生じてきたトラブルですが

解決済みの質問:

重病の父親に合わせない妻と長女を何とかしたい。(以下2人と略します) 確かに相続を契機として生じてきたトラブルですが、2人側も、それ以外の兄弟姉妹側も、金銭的には自立しているので、それはあまり争点になっていません。むいしろ、そうした一連の紛争の中でお互いに激 しい言葉の応酬や傷つけ合いとなって、不満を爆発させた2人が、「そんな親不孝者には死に目にも会わせないし、葬儀の連絡もしない」と宣言し、病父に面会に行く度に、強制的に部屋の外へ追い出されます。実際に110番にまで電話されます。他の兄弟姉妹とは、強制的に自ら「縁切り宣言」してしまって、2人で父を看取り、葬儀にさえも呼ばないつもりのようです。実子を父に合わせない権限が、2人にあるのでしょうか・・・。父は若干の認知症に加えて、脳梗塞後の失語症で言葉を発することもできず、自分の意思表明はほとんどできません。当方の要求は、臨終が遠くないあと予想されるであろう父と面会したいというだけですが、それを2人は拒絶できるのでしょうか? 人権侵害などには当たらないのでしょうか・・  民事、刑事どちらでもいいですが、告発できないのでしょうか?お教え頂けますようお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

確かに「相続は争続」と言われるように、酷い争いになる場合も多いようです。

他人であれば遠慮するところを、身内と言うことで欲望が丸出しになり

どうにも修復できないところにいくことも多いようです。

父親に会わせない妻と言うのは、お父様の配偶者と言うことですね。

長女と言うのは、ご相談者様のご兄弟様と言うことですね。

気になるのは、そんな親不孝者と言う、そんながどのようなことかですね。

そこがわからないと何とも言えない部分はありますが

当然、実の親に実の子が会うのに誰の許可がいると言うことはありません。

感情的な争いだけですね。民事不介入ですから警察も余程のことが

なければ動きません。

ただ、ご相談者様が、単にお父様に面会したいだけであれば、

病院にお願いすれば、何らかの配慮はしてくれるかもしれません。

24時間、お父様の奥様と長女様がはりついていれば難しいかもしれませんが

例えば、精密検査をするのでお二人に出て行ってもらう間に

会わせていただくとか、方法は何かありそうな気は致します。

 そうでは無く、何らかのお父様の財産等を守りたいのであれば

成年後見制度を利用して、専門家に成年後見人になっていただいて

財産を守ると言う手はあるかもしれません。

その中の業務に身上監護と言うのもあるので

ご兄弟様達を会わせることも可能だと思われます。

お二人を訴えたりしても時間と労力の無駄と言うのはありますね。

成年後見のご依頼は、司法書士か弁護士の先生にご依頼されると良いですね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問