JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

shonansolicitorに今すぐ質問する

shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

自分の配偶者の父母が、自分と配偶者のの婚姻より以前に離縁していたとします。 その際に親権を得たのが母親であったとす

質問者の質問

自分の配偶者の父母が、自分と配偶者のの婚姻より以前に離縁していたとします。
その際に親権を得たのが母親であったとすると、配偶者の父親は自分にとって1親等の親族であると言えるのでしょうか?
あるいは1親等ではなくても、親族と呼べるのでしょうか?
仮に親族であるとした場合、その父親は自分から見てやはり1親等であり続けるんでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

あなたの両親が1親等で、配偶者の両親は、2親等になります。

今回の場合、あなたの配偶者となる方の親は母親のみですので、母親が2親等、父親は対象になりません。

ですので、あなたにとって配偶者の父親は、親族とは言えないでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.

2親等ですか。勘違いをしていました。

 

確認しますと、親権を得ているから配偶者の母親が2親等の親族になり、親権を得ていない父親は親族ではないということで良いでしょうか?

 

また、仮に父親が親権を得ているとして、その後配偶者の請求により家庭裁判所で親権を喪失させた場合、その義理の父親は本人(まあ、仮に私)から見て親族であり続けるのでしょうか?

 

また、配偶者から見た場合も親族であり続けるのでしょうか?

 

ご教示お願いいたします。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 4 年 前.

  はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。当初の回答者の指定回答時間が過ぎたようなので、下記の通り回答させて頂きます。

 

  まず、「親族」の定義ですが、6親等内の血族・配偶者・3親等内の姻族を親族と言います。

 

  血族には自然血族と、養子縁組により成立する法定血族があります。法定血族は離縁すれば親族ではなくなります。

 

  親権者(狭義)は、子供が未成年者の間、財産管理権を持つ者を言います。

 

  ご質問者様をX、奥様をY、Yのご両親をABとさせて頂きます。質問なさっているYのご両親ABは離縁という言葉をお使いになっていますが、YはABの養子で、ABはYの養親ということでよろしいのでしょうか? 養子縁組の場合は、離縁によって親族関係は解消します。

 

  仮にABがYの実親で、離縁でなく「離婚」でしたら、ABが離婚してもYとは血のつながりのある親子ですからABともYの親族であることに変わりはありません。

 

  なお、仮にYが現在20歳未満だとしても、貴方Xと婚姻したことにより、民法上は成年者と扱われます。

 

  

専門家:  shonansolicitor 返答済み 4 年 前.

 補足致します。 

 

<ABがYの実親の場合>YにとってABは親族(自然血族)です。Xにとっても親族(姻族)です。

 

<ABはYの養親で、YがAと離縁した場合>YにBは親族(法定血族)ですが、Aは法定血族ではありません。 XにとってもAは法定血族ではありません。

 

 更にご質問がございましたら、ABは養親なのか実親なのかを明示して頂き、X・Y・A・Bでご質問頂けましたら幸いです。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

自分の配偶者の父母が、自分と配偶者のの婚姻より以前に離縁していたとします。

 

というのは、「自分の配偶者の父母が、自分と配偶者の婚姻より以前に離婚していたとします。」の誤りです。というか、自分の配偶者の父母が、離縁していたとします。」というつもりで書いたのですが、どうも稚拙な文章でご理解いただけなかったようで…。

 

ということを踏まえた回答が最初になされたと思っていたので、追加の質問と言うか、以下のように確認と言いますか、更に質問をさせていただきました。

 

確認しますと、親権を得ているから配偶者の母親が2親等の親族になり、親権を得ていない父親は親族ではないということで良いでしょうか?

 

また、仮に配偶者の父親が離婚成立時に親権を得ているとして、その後配偶者の請求により家庭裁判所で親権を喪失した場合は、その父親は配偶者から見て親ではなくなり、したがって親族でもなく、本人(まあ、仮に私)から見ても親族ではないということで良いのでしょうか?

 

ご教示お願いいたします。

 

専門家:  shonansolicitor 返答済み 4 年 前.

  まず、最初の回答者dai60962000先生と質問者様の返答後に回答させて頂いた私・shonansolicitorhaは別人です。

 

  ところで、貴方がX、奥様がY、Y様のお父様A、お母様Bとしますと、XYの婚姻前にABが離婚していてBが親権者だったということですね。

 

<親権を得ているから配偶者の母親が2親等の親族になり、親権を得ていない父親は親族ではないということで良いでしょうか?>(最初の回答者の方が勘違いなさったようですが。)

 

  「親族」とは「血族」と「姻族」のことをいいます。「姻族」とは婚姻により、親族になった者をいいます。「配偶者の血族」と「血族の配偶者」を言います。例えば、奥様のご両親は「配偶者の血族」です。仮に貴方にお兄様がいたら、お兄様の奥様は「血族の配偶者」です。

 

  貴方の実のご両親は、貴方からみて1親等の(自然)血族です。貴方の奥様のご両親は、貴方からみて1親等の「姻族」という親族になります。

 

<仮に配偶者の父親が離婚成立時に親権を得ているとして、その後配偶者の請求により家庭裁判所で親権を喪失した場合は、その父親は配偶者から見て親ではなくなり、したがって親族でもなく、本人(まあ、仮に私)から見ても親族ではないということで良いのでしょうか? > この部分のご質問の趣旨が不明です。  

 

  親権というのは、あくまでも未成年の子が成人に達するまでの財産管理権者を誰にするかという問題です。夫婦が離婚していなければ、ABが共同親権者になります。

 

  ABが離婚する際、Yが20歳未満の時、ABのいずれかを親権者と定めます。 Yが20歳になり成年になれば、親権者は不要なので親権は消滅します。

 

  ABが離婚してもABはYの両親であり、自然血族であり、血のつながりがなくなるがなくなるわけではなく、もちろん親族です。(従って、Aが亡くなればプラス・マイナスに拘わらずYに相続権が発生します。) 貴方みてAは「配偶者Yの血族」ですから、姻族という親族になります。

 

 親族(血族と姻族)や親権や親等、離婚と離縁、一般の方には大変紛らわしい言葉だと思います。 ご理解頂けましたら、幸いです。

 

 

  

shonansolicitor, 行政書士
満足したユーザー: 435
経験: 中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
shonansolicitorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

話をもっと簡単にというか、要するになんでこのような質問をするに至ったかと言うと、姉妹がいて、二人とも近々結婚を考えているのですが、妹の相手は現職の警察官で、姉の相手は普通のひとなのですが、姉の相手のご両親が相手の方が子供のころに離婚されており、母親に引き取られています(母親だけに親権があるのかどうかは不明)。

それで、問題はその父親の方で、暴力団関係者であるため、妹の相手は現職の警察官ですから、身内に犯罪者などがいた場合結婚できないですよね?

それで、妹が現職警察官と結婚するにあたって、姉の相手の暴力団関係者である父親がどのような立場であれば妹の相手の現職警察官との結婚が果たせるのか?

ということを伺いたかったわけです。

最初っからそう言えってか。親族だ、親権だとかわけのわかんないこと言わずに。

とそういうわけなのです。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 4 年 前.

事情は了解致しました。 まず 、「親族」の定義ですが、6親等内の血族・配偶者・3親等内の姻族を親族と言います。そして、「姻族」とは、配偶者の血族、または血族の配偶者を言います(民法725条)。

 

  姉A、貴方B、妹C、Aの婚約者D、Cの婚約者E、Dの父Fとして回答します。お聞きになりたいのは、EからみてFは親族か?という事ですね?

 

  答えは親族ではありません。EからみたFは、配偶者(予定者)Cの血族Aの配偶者Dの血族ですよね。

 

  配偶者の(3親等内の)血族は、親族ですが、ご質問のケースは「配偶者の血族の配偶者の血族」ですから、そもそも親族ではありません。

 

  以上が法律上の説明になります。それ以上のことは、当局の人間でないので回答出来ませんが。法律上(民法上)、E氏からみてF氏は親族でないことは間違いありません。

 

 

shonansolicitor, 行政書士
満足したユーザー: 435
経験: 中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
shonansolicitorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    814
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    814
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    304
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    206
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問