JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

丁寧な回答いただき感謝申しあげます。 確認ですが、婚姻中に取得とた家屋については 名義に関係なく売却によるマイナス

解決済みの質問:

丁寧な回答いただき感謝申しあげます。
確認ですが、婚姻中に取得とた家屋については 名義に関係なく売却によるマイナスも二人の分与の範囲になるということでしょうか・
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

基本的に、婚姻中にできた財産は、不動産だろうが預貯金だろうが

自動車等の動産でも、どちらの名義であっても共有財産となります。

そういう意味では、マイナスの財産分与になるのは奥様も嫌でしょうから

売却には合意しないものと思います。

確かに表面上、名義がご相談者様だけで、奥様に持ち分が無いようなときは

勝手に売却も可能ですが、やはりもめますね。

奥様とどうすべきかじっくり協議された方が良いでしょうね。

ご相談者様の名義で売却しても、売却額は、共有の財産になると言う考えです。

特にマイナスの財産になる場合は注意が必要です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問