JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

協議離婚に合意し、届出書類の作成まで完了していますので、離婚協議書を作成し、署名捺印したら提出したいと考えています。

解決済みの質問:

協議離婚に合意し、届出書類の作成まで完了していますので、離婚協議書を作成し、署名捺印したら提出したいと考えています。離婚協議書の作成にあたり、注意しなければならない点,無効な協議書にならないために必要な条件などについて教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはきちんとした離婚協議書を早急に作成される必要があります。

まず、離婚協議書の場合、私文書の場合は口約束よりはましと言うだけで

お勧めはできません。

きちんと、公証役場で公正証書にすべきです。

ひとつには、養育費の未払いと言うのが本当に多く

トラブルが絶えません。

それを防ぐには、公正証書にして「強制執行認諾文言」を入れてもらう必要があります。

そうすると、未払いの時に、すぐに強制執行ができます。

お子様が2人もいらっしゃいますので、ここは重要なポイントです。

養育費は一括払いもできますが、原則は分割債権なので

それはしない方が良いと思います。

150万円は非常に安いと思われます。

離婚条件においても、財産分与、慰謝料、養育費、面接交渉権、

年金分割等、決めることはたくさんございますので

できれば、離婚専門の行政書士や弁護士の先生などの専門家に

ご依頼された方が、スムーズに的確に作成できるとは思います。

面接交渉権では、お子様にどのように会わせるかなどの決め事も可能です。

また、すでにある程度大きなお子様ですから

お子様の意思で会う会わないを決めても問題はないでしょう。

このことは、公正証書の条文にも書けます。

ご主人様の酔っぱらっての嫌がらせが性的なものもあれば

非常に問題ですから、児童相談所に相談すると主張されても良いでしょう。

確かに、お子様も学校のことなどあると思いますが

公正証書は、専門家にご依頼されても2週間もあれば作成できますから

焦らずきちんとしたものをお作り下さい。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問