JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 265
経験:  迅速で,わかりやすい回答を目指します。
60912397
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

離婚前提で話を進めております。 話を進めている中で、必ず慰謝料と養育費、財産分与等(細かく言うと厚生年金も)の金額

解決済みの質問:

離婚前提で話を進めております。
話を進めている中で、必ず慰謝料と養育費、財産分与等(細かく言うと厚生年金も)の金額提示をしなくてはいけないと思い ます。
それぞれの金額の基準は夫の年収によるものなのでしょうか?
厚生年金は婚姻期間で決まると思うのですが・・。
婚姻期間が約2年しかなく、プラスの財産に関しては私は分かりません。あえて言うなら、とある大企業の株を知らないうちに取得したようで・・・。
私はこの2年間は専業主婦で扶養範囲以内でパートをしていたぐらで、自分の資産と呼べるものはありません。年に2度30万円を夫からボーナスをもらっていましたが、それは私の生命保険等の支払いなどに消えてます。
私の資産は保険ぐらいです。夫の資産が良く分からないので、例えば100万円などおおよその金額を提示しても構わないですか?
夫は婚前前の資産は沢山ありますが、婚前前の資産に関しては請求は出来ないんですよね?結婚してからはほとんど資産を形成してなかったので微妙な財産分与になるかと思います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
1.そうですね,まず,今回,離婚の原因がご主人に落ち度のある理由とはいえないと思いますので(病気なので),慰謝料は請求することはできないのではないかと思いますよ(絶対に不可能というわけではありませんが,これに関しては他のことで合意が得られてから,というスタンスの方が他の話がスムースに進むと思います)。
2.ご主人の結婚前の資産に関しては,寄越せとはいえないんです。おっしゃるとおり。
  その結果,微妙な財産分与になってしまうのは,仕方ないかも知れないですね。今後の生活において,ご主人と一緒にいることをとるか,離れることをとるか,という選択の問題だからです。お金の問題ではないでしょうから。
  だいたいの試算の仕方として,近似値を出せるかな,と思うのは,ご主人の年収(手取りです。税込み年収×0.7くらい)に103万円のパート代を足したものから,毎月の生活費その他×12と,もらっていた30万円×2を引いた分が,1年間の余剰になるでしょうから,その2年分ということではないかと思います。

3.養育費についてですが,年収950万円,お子さんが1〜2歳,パート103万円で,裁判所で一般に用いる計算式で試算したところ8〜10万円となりました。
  細部が違ったとしても,だいたいこの範囲の額になるでしょう。

4.年金分割は,あなたの場合は,結婚後の全期間について,ご主人の厚生年金の基礎年金の半額を請求できます。これは日本年金機構に連絡をなさるか,裁判所のウェブサイト をご覧ください。
dresquireをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問