JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4635
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚が成立する方法を教えてください。 私にはお付合いをしていた女性がいて、その人と結婚したいと思い妻に離婚の話

質問者の質問

離婚が成立する方法を教えてください。

私にはお付合いをしていた女性がいて、その人と結婚したいと思い妻に離婚の話を持ちかけました。
妻は離婚を認めず協議離婚は成立せず調停での話し合いになりました。しかし調停の場でも話がつ
かず、その時に裁判官の方から「裁判にもちこんだとしても不貞のあった側からの申し立てはまず
成立しない」と言われ、裁判も断念しました。

その後、当時お付き合いしていた女性とも別れ、家族に戻り暮らしてますが、やはり今の妻には愛情
が全く感じられず、別 れたい気持ちでいっぱいです。苦痛でしょうがありません。この場合、離婚を
成立させるには、再度、話し合いによる協議離婚の他にどのような方法がありますか?

不貞をした側から裁判を起こせる場合の条件は何ですか?
よろしくお願いいたします。


<離婚のきっかけ>

妻の精神的な病から、平成18年3月に妻は当時の私の勤務地の名古屋から娘2人を連れ、妻の実家
のある仙台に帰りました。3年後の平成21年4月に、私が会社に転勤希望を出し名古屋から仙台へ
着任し、家族での生活が始まりました。ところが、翌年の辞令により私は仙台から東京本社への異動
が決まりました。

仕事が順調に進んでいたのと次へのチャレンジ(出世)を目指していたため、転勤希望を出したくな
かったのが実情。ところが、名古屋での単身生活3年において様々なストレスを抱え(高コレステロ
ール、中脂肪、痛風、痔など)一人での生活に不安を感じていたのと、妻からの要望により、心外で
はあったが仙台への転勤希望を出しました。

実は平成19年の夏頃に、ひとりの女性と知り合い私の生活の面倒、お世話をしてもらってました。
その女性とは将来の約束(結婚)などをすることはなく、お付き合いをしておりました。

そんなことがありながら、仙台で家族一緒に生活できる日々が続いていたのですが、1年後に東京へ
の転勤が決まり、当然、家族で引っ越すものと思われていたところ、妻からは仙台に残りたいとの要
望があり、かなり長い話し合いを続けたが、妻はどんなことがあっても仙台にいたいの一点張りで
した。最後は「あなたの面倒を見てくれる女性ができたら、それはしょうがない。私は諦めるから」
という妻の覚悟を聞いて、私は東京での同居生活を諦めました。その時点で妻への期待はなくなりま
した。

その時にお付き合いしていた女性と結婚し共に生活をしていきたいと考えるようになり、離婚を決意
しました。


<生活形態>
・別居生活3年  名古屋 平成18年3月〜平成21年3月
・同居生活1年  仙台  平成21年4月〜平成22年3月
・単身赴任2年  東京  平成22年4月〜平成24年現在まで
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

奥様も実家に帰り、お子様もいらっしゃるので

なかなか、東京に出ての新しい生活が嫌なのでしょうね。

単身赴任が必ず不貞行為のもととは言いませんが

もともと、奥様との関係が冷めていたのはあるでしょうね。

現在は、家族の方と一緒に生活をしていると書いてありますが

生活形態は現在、単身赴任となっております。どういうことでしょうか?

いずれにしても、有責配偶者からの離婚をするためには

別居が必要になります。単に生活の場が離れていると言うことでは

なく、離婚前提の別居と言うことです。

単身赴任や家庭内別居では離婚前提の別居とは言えず

しっかりと、公正証書等で婚姻費用等を決めて約束をすることです。

現在、判例等では、有責配偶者からの離婚の別居期間は6年と言うのがあります。

昔は20年以上でしたからかなり緩和されました。

別居だけではなく、奥様に対する十分な補償と、小さなお子様がいないと言う

条件もございます。

それと、すでに不倫関係が終わっているということであれば

そのことが奥様との間で解決しているかどうかです。

慰謝料を払うなりの解決が見られれば

そのことはすでに解決して蒸し返せないと言う考えもあります。

「宥恕(ゆうじょ)」と言われるものです。

とは言え、まずは離婚前提で別居の実績を作ることだと思います。

頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問