JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

よろしくお願い致します。40歳男性です。7年前に離婚いたしました。子供は2人で10歳と7歳の女児です。元妻との間で一

解決済みの質問:

よろしくお願い致します。40歳男性です。7年前に離婚いたしました。子供は2人で10歳と7歳の女児です。元妻との間 で一人4万円の養育費を払うことを公正証書で約束しました。しかし離婚してから自営業の会社が倒産してしまい自己破産して現在債権者会議中であり、今年いっぱいはかかりそうです。仕事は再就職して1年半が経ち収入は340万円あります。養育費は自分としては精いっぱいの1人2万円を減額して支払っております。元妻の収入はおそらく200万前後ではないかと思います。
そこで質問ですが、元妻から源泉徴収票を原紙で送ってほしいと言われており、自分としては送る必要があるかないか迷っております。元妻にはなぜ必要かと尋ねたのですが、養育費の減額を証明するために必要といわれています。誰か第3者に相談しているようです。いったいなぜ原紙を送らないといけないのかわかりませんし、自分としては、元妻に年収を教えたくありません。法律的には送る必要がありますでしょうか。知恵をお貸しください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

法的に源泉徴収票の原紙を相手方に見せる義務はありません。

しかし、気になるのは減額の話し合いが当事者の口約束(相手方が応じてくれただけ)で行われたものなのか、裁判所で養育費減額の調停などをして認められたものなのかという点です。話の流れから当事者同士の話し合いだけかと思われます。この場合、交渉に応じなければ4(2x2)万円を毎月ちゃんと払っていても、相手方が当初の公正証書を使ってご質問者様の給料等を差し押さえてくる恐れもありますので注意が必要かと存じます。

相手方が源泉徴収票の提示を求めているのは、現在の養育費が妥当かどうか確認するためかと思われます。そして、それは両者の収入、お子様の年齢、人数によって、相場が決まっています(下記に添付しているURLは裁判所が出している目安です)。

仮にご質問のケース、ご質問者様340万(サラリーマン)、相手方200万、子供2人(共に14歳以下)であれば、一人あたり2~4万円/月が相場となっています。

このように、養育費が妥当かどうかは相手方の収入によっても変わりますので、交換条件として相手方にも所得の開示を求めてみてはいかがかと存じます。

 

【養育費算定表の使い方】

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou.html

 

【養育費算定表】

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/pdf/youikuhi_santei_hyou/youikuhi_santei_hyou.pdf

 

kanekiyoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問