JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4917
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

娘夫婦の事で質問致します。義理の息子が浮気をし相手と話し合い、二度と逢わないと約束させ、念書を取りました。その際、子

解決済みの質問:

娘夫婦の事で質問致します。義理の息子が浮気をし相手と話し合い、二度と逢わないと約束させ、念書を取りました。その際、子供たちにも迷惑をかけたと云う事で、子供達から慰謝料を請求し、納得の上で支払わせま したが(娘からは慰謝料を請求していません)、その後、2回ホテルにて逢ったことが判明。念書に書いてある通り、再度娘および孫から慰謝料を請求しようと話し合いましたが、念書は、娘が脅迫したから仕方がなく書いたと云われ、脅迫したのだから、念書は無効と云われました。話し合いの時の会話は、IC録音機に取ってあり、脅迫でない事は、聞いてもらえれば、誰でもわかると思います。初めての話し合いは、司法書士等は関与しておらず、裁判になった場合、念書も録音した会話も、証拠とならないのでしょうか。再度司法書士を通し、二度と逢わない、有った場合はこちらの請求通りの慰謝料を支払う旨の念書を出せたいと思いますが、娘は、相手側から脅迫罪で訴えられぬのではとノイローゼぎみになり、病院通いする始末。良い解決法をご指導願います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、娘様ご夫婦のこととは言え大変ご心配のことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

娘様のお子様(お孫様)からの慰謝料請求と言うのは珍しいかもしれませんね。

とりあえず、相手の愛人の女性に請求して支払われたと言うことでしょうか?

それとも娘様のご主人様が慰謝料を支払ったと言うことでしょうか?

そこのところが文面からははっきりとわからないので

こちらで、推定して、愛人の女性と言うことでお話させていただきます。

確かに、不貞行為は不法行為ですので、慰謝料等の請求は可能です。

その場合でも、慰謝料の請求方法が公序良俗違反や脅迫や強要等となれば

無効の場合もあり得ます。

いくらぐらい支払ったのか、また支払う予定だったのかですね。

一般的に、単なる火遊び的なものと、ご主人様に離婚させて再婚しようとする

略奪愛では額が10倍違うこともございます。

火遊びなら多くて50万円、略奪愛ならご主人様と愛人の2人分で400~500万円です。

ただ、今回は相手の女性が会社の社長と言うことであればもっと請求可能かも

しれません。

それと、証拠能力に関してはデジタルなものは基本的にありません。

写真にしてもフイルムで、録音にしてもテープでないと裁判上の証拠にはならないのです。

デジタルは改ざんが可能だからです。

とは言え、状況証拠としてはありますから民事調停なら話し合いで何とか

なるでしょう。

脅迫罪で訴える訴えないは、念書の内容、特に慰謝料の額が法外でなければ

あまり気にする必要はないですね。

念書の内容もお話の通りであれば、どこが脅迫かわかりませんね。

ただ、問題は、不貞行為をしたご主人様(有責配偶者)が一番悪い訳で

愛人は二次的・副次的なものであると言う考えもあります。

欧米では、愛人に慰謝料は請求できません。

ご主人様から慰謝料をとっても良いでしょうね。これは離婚してなくても問題ありません。

また、ご主人様にこそ、今度浮気したら慰謝料は高額で

離婚の要請を受け入れ、娘様に有利な離婚条件で離婚すると約束する

「夫婦関係調整の公正証書」を作成して浮気防止をするべきかもしれませんね。

公正証書は離婚専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼ください。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

慰謝料は200万円請求し、相手女性から支払うが金額を100万円にしてほしいとの要求で、100万円頂きました。 相手の女性も結婚しており、離婚までするという気は無いようですが、仕事の関係で逢わない訳には行かないと云っています。しかし先の念書では、仕事で逢うときは、部下を行かせる。命をかけてこの約束は守ると明記しているにも関わらず、2度も、ましてやホテルで密会していたわけです。

現在、弁護士に相談し、対応するようだとの話を婿から聞き、相手から詫びのE-Mailを娘に出したりしていますが、文面からは先の念書を厳守する様子は感じられません。丁度同時期に娘が他の弁護士さんに相談していたらしく、その弁護士さんは、いくら念書で二度と逢わないと約束させても 、再度浮気する確率が高く、故にこの際、慰謝料を再請求し、浮気が高いものに付くという、痛い目に逢わせなくてはだめと、指導されたとか。そのためこの弁護士さんの指導通り、行政書士に頼んで、二度と逢わない・浮気はしないとの念書と併せ慰謝料の減額分の100万円を再請求する旨の、書類を送付したところです。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

そうですね。相手に世間をなめてはいけないと思い知らせることも大事でしょうね。

不貞行為の慰謝料に関しては、相手が不貞行為をし続ける間は

請求し続けても問題はありません。

また、必ず合意したことは、次回は公正証書にしましょう。

公正証書もその行政書士の方にご依頼されて良いと思います。

それとやはりご主人様の方にもお灸をすえる必要があるとも思います。

娘様が離婚をしたくないのであれば

「夫婦関係調整の公正証書」を作成すべきでしょうね。

娘様にアドバイスさしあげて下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問