JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4863
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚を考えているのですが、 養育費の問題と資産分割に悩んでいます。 養育費はどう計算すればよいのでしょうか?

質問者の質問

離婚を考えているのですが、
養育費の問題と資産分割に悩んでいます。

養育費はどう計算すればよいのでしょうか?収入夫800万妻400万です。子供は1歳2歳女の子

資産分割はどのように行うのでしょうか?

教えていただけないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

離婚を考える場合

どうしても経済的な問題を無視することはできません。

本来であれば、離婚専門の行政書士か弁護士の先生と二人三脚で

進めていくべきかもしれません。

金銭的な問題だけでも

養育費、財産分与、慰謝料、年金分割、退職金、生命保険など

たくさんございます。

お子様がいらっしゃると言うことで、親権や面接交渉権の問題などもあります。

とりあえず、ご質問にお答えしておきます。

養育費に関しては、算定表と言うものがあり

前年度の年収とお子様の年齢で決まります。

ご質問の設定ですと

ご主人様が年収800万円、奥様が年収400万円で

14歳以下のお子様が2人と言うことですね。

ぎりぎり8万円~10万円の間です。これは2人分です。

ご主人様の年収が少し下がるか、奥様の年収が少し上がれば

6万円~8万円のラインになります。

算定表の額の幅ですが、これは年収が低いから8万円で高いから10万円と

言う考え方ではありません。年収がどうでも諸事情があるだろうから

その8万円から10万円の範囲で決めてくれと言うことです。

お子様が2人ですから、考え方は8万円なら4万円ずつと言うことで

上のお子様が条件に当てはまらなくなったら(例えば、成人や結婚)

停止して、下のお子様の4万円だけになると言う考え方です。

また、養育費の支払い年齢もいろいろ決められます。

資産分割(「財産分与」と言います)は

婚姻中に形成された財産は、どちらの名義であろうと共有財産で

折半となるのが一般的です。

不動産、特にローンが残ったものはもめることが多いですが

売却するなどの方法論はいくつもありケースバイケースです。

ただし、婚姻中でも、相続財産等は別になり固有の財産ですから

分与する必要はございません。

当然、婚姻前の財産は固有の財産です。

生命保険や退職金も対象になる場合もございます。

その場合は、今、解約したらとか、今、自己都合で退職したら

支払われる額で考えます。

それと、協議離婚の場合は、離婚協議書を公正証書で作成すると

離婚後のトラブルは防止できます。

協議(話し合い)で離婚できない場合は、家庭裁判所に

離婚調停を申したてます。

公正証書の作成も離婚専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

よろしいですね。

頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問