JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4632
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚に際し、協議書を作成しましたが、財産分与について過大評価があり、負債についても記載がありません。支払い義務はある

解決済みの質問:

離婚に際し、協議書を作成しましたが、財産分与について過大評価があり、負債についても記載がありません。支払い義務はあるのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

作成されている離婚協議書は、ご相談者様と配偶者の方が

ご自分たちで作成した私文書のものでしょうか?

それとも、公証役場で作成された公正証書による離婚協議書でしょうか?

それによってっも、今後のトラブルが異なってくると思います。

離婚後のトラブルを避けるには無理をしてでも公正証書で作成するべきかもしれません。

公正証書の離婚協議書は、離婚専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されると

良いでしょう。

一般的に、財産分与で不の財産は考えないことが多いのですが

それだけの額の負債となると不動産が絡んでいるのでしょうか?

ローン残の不動産が一番のトラブルになるので扱いに注意が必要です。

仮に、離婚後にどちらかが自己破産か何か考えていらっしゃるのであれば

負債を書いてない場合もありますが。

そうでは無く、ローン残の不動産がある場合は、もう少し対応を考えても

良いと思います。

普通は売却することが多いですが、大手の不動産屋では安く買われるので

地元の中小の評判が良いところで売却をお願いします。

また、どちらかが住み続けるのであれば、最後に相手の財産になるのですから

片方がローンの一部を支払う必要はないでしょう。

ただ、これらはケースバイケースです。

それと、協議書に負債のことは書いておくべきです。

どちらが負担するとか免除するとかです。

やはり専門家にご依頼された方が良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問