JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

妻が勝手に子供を連れて家を出ていき、転校までさせてしまいました。以来一度も話し合いはありません。家を出て3日後離婚調

解決済みの質問:

妻が勝 手に子供を連れて家を出ていき、転校までさせてしまいました。以来一度も話し合いはありません。家を出て3日後離婚調停の通知が来たので、計画的だったのでしょう。1回目の調停が終わったばかりですが、調停で、子供との面会を話し合うように言われたのに、メールには一切返信がなく、実家を訪ねていけば、「子供たちはパパが大嫌い」といっているといわれ、なお食い下がったら、警察を呼ばれる始末。もちろん何もしていません。出ていく前日まで子供とはよく遊び、おむつ、食事、おふろ、子育ては何でもしてきました。子供がかわいくてかわいくて。妻は、家事が全くダメで、ここ何年かは「うつ」になり、食事の支度は別棟に住む母がしていました。
子どもに会いたいです。親権も取りたいです。引き渡し請求はできますか。連れ去ったもの勝ちですか。子供は妻に洗脳されている模様。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

すでに調停で、1回終わっていると言うことは

別居して2~3か月は経っていらっしゃるのでしょうか。

離婚調停の問題点は、男性側にはとても不利になるケースが多いと言うことです。

まずは、親権等に関しては9割方が女性側になります。

考え方として、小さい子の場合は、母親の看護が必要だと言うことです。

後の1割は、母親がお子様に対して虐待している場合

つまりDVやネグレクト(育児放棄)です。

とは言え、これも児童相談所が出てくるぐらいの酷い場合です。

もしくは、別居して父親一人での養育実績があることです。

そうなると別居が進めば進むほど、相手に有利になってしまいます。

ある意味、奥様は親権取得に関しては計画的な対応をされたのだと思います。

なかなか、覆すのは難しいですね。

まず、奥様の離婚理由ですが、離婚そのものにご相談者様が合意されて

いらっしゃるのでしょうか?

裁判上の離婚理由がなく、ご相談者様に有責性が無ければ

合意しない限り離婚はできません。

別居していても、面接交渉権はありますから、そこでお子様との

面接を重ね、チャンスを待つと言うのもあると思います。

一つの方法論として、お子様がご相談者様(父親)のところに来た時に

大歓迎をしてあげると言うのがあります。

一緒に住んでいる母親は、教育的な観点で、どうしても叱ったり

我儘を許さないことも多いものです。

そこで、行くたびに誕生日パーティのようにお子様を可愛がると

心も揺れるものです。それで、もう母親のところに戻りたくないと言う

ケースも実際に体験しております。

そういう意味では、離婚の意思がないのであれば、別居で時間稼ぎをするか

離婚しても、面接交渉だけはきちんと確保することです。

面接交渉権の理由のない拒否は、慰謝料請求の対象になります。

後、離婚調停では養育費は算定表どおりになり

融通が効かないことも覚えておいてください。

決め手は面接交渉だと思いますので

頑張って下っさい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
私もいろいろ調べて勉強しました。
妻は出て2か月。子どもには 一度もあわせてもらっていません。 子どもを歓迎すらできません。引き渡し請求ができるかおききしたい。
親権がもらえなければ離婚には応じません。
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが、ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

相談者様の場合、当然子の引渡し調停ができます。

 

子の引渡し調停は併せて子の監護者の指定調停も申し立てる必要があります。

 

裁判所HP>子の監護者の指定調停

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_07_21.html

 

裁判所HP>子の引渡し調停

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_07_09.html

 

 

母親が養育する現状を受け入れていないという意思表示のためにも、会わせてくれない以上、速やかに手続きを行うべきと思います。

 

監護権者の指定調停で母親に監護が認められると、その後の親権者の争いでも不利になうことが考えられますので、申し立て後でもいいので離婚に詳しい弁護士に相談して準備をされると良いと思います。

 

法テラスなどでも収入によっては弁護士の無料相談が利用できますので、問い合わせを検討されると良いと思います。

 

法テラス HP

http://www.houterasu.or.jp/

 

法テラス 携帯サイト

http://www.houterasu.or.jp/k/

 

法テラス サポートダイヤル

0570-078374(おなやみなし)

PHS・IP電話 03-6745-5600

平日 9:00-21:00

土曜 9:00-17:00

sakurabito, 行政書士
満足したユーザー: 250
経験: 行政書士事務所代表
sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問