JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

いつもの先生にお願いします。 調停が不調に終わった場合、審判に進めて頂くようには書いております。家事審判法24

解決済みの質問:

いつもの先生にお願いします。

調停が不調に終わった場合、審判に進めて頂くようには書いております。家事審判法24条、私の場合、あれから色々ありまして、このまままとまらないと、身の危険さえ感じております。また健康被害も甚大です。どこかでけじめをつけないと。各本を読んでおりましたら、調停が不調に終わった場合、調停委員や裁判官の話し合いで、このまま不調なら「しのびない」と判断された場合、審判に進めるとあったのですが。裁判所の方からは、「書き方」だと言われました。家事審判関係の本を読み、それに当てはめて書いてみたらいかがでしょうかと言われました。私 の場合、苦労するのは、「離婚後」だということです。しかし、一歩間違えると「事件」に発展する可能性があります。このままなら「しのびない」というニュアンスが今一つ分かりません。最終的には民事訴訟(お金で解決)となるのでしょうが、どうにか審判に乗せてみたいと思っています。
「このままならしのびない」私の場合、どう思われますか? 病気の問題、父親から「刑事告訴」すると言われたり、相手側からは、まるで私が「犯罪者」と言わんばかりの通告書が届き・・・。もうひっちゃめっちゃかです。余りにも、自分が可哀そうになってきました。何故にここまで押さえつけなければならないのでしょうか。本当に「しのびない」です。私の人権回復をしなければ、浮かばれません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

いつもご相談をいただきまして誠にありがとうございます。

年明け早々、気が休まらない日が続いていることと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

調停と違い、ご相談者様が、お調べになった通り、審判は家庭裁判所の職権、つまりは

裁量によって判断されます。

離婚問題で審判が出るのは、お金の問題、つまりは養育費と婚姻費用が

多いようです。これは算定表もあり、相手もお金が出ないと困るだろうと言う配慮です。

その他の慰謝料や親権等は、訴訟で勝手にやってくれみたいな対応が

多い様に感じます。

とは言え、法律の主旨は、いかに立場の悪い過酷な人や弱者を

法律で救うかにあります。

そういう意味では、しのびない状況にあると思えば

裁判官は、どうにかして今ある法律を駆使して助けようと考えます。

それが、本来の裁判の主旨で、裁判官はそのことをたたきこまれて

います。そこが一般的な弁護士の先生の依頼者だけ助ければ良いと

言う、社会正義はどこにあるのかと言う考えと大きく違うところです。

今回の先方からの嫌がらせの手紙等は、証拠資料として提出されても

良いと思います。

後は書き方ですから、相当因果関係があるかどうかに関わるでしょうね。

今回の離婚事件によってどうご相談者様が被害を被ったかを

具体的に時系列で書いて良いと思います。

後は、そこまで裁判所で言われているのであれば、弁護士の先生に

ご相談者様の思いを書いたものを渡して

法的に有利な内容に書き換えてもらっても良いかもしれませんね。

そういう意味では、これまでのことを具体的に時系列でまとめて

おく必要があると思います。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問