JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4335
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

【離婚する場合の財産分与について】 32歳の時の結婚して、今56歳で離婚を考えています。 不貞、暴力など法廷離婚

解決済みの質問:

【離婚する場合の財産分与について】
32歳の時の結婚して、今56歳で離婚を考えています。
不貞、暴力など法廷離婚要因ではなく、性格の不一致、もう一緒に居たくない、というものです。
妻は1年くらいアルバイトをしていたときがありますが、基本的に専業主婦です。
以下の場合、どのような分配になりますか?
妻は私が働くのは当たり前で、それを妻が使って当たり前と思って今す。それが堪らなくて判れるつもりなのです。財産は余りありませんが、出来るだけ分与はしたくないのですが。
(非常に利己的で赤裸々な質問ですので不快でしょうが、一般的に認められない事ははっきりとその旨ご回答ください。理由も教えていただけると幸いです)
・妻が婚礼道具として親に買ってもらったもの・・・箪笥など
・妻は専業主婦ですが、婚姻中に積み立てた預貯金・・・どれくらいの比率で分与するのでしょう?総てが私の働いたお金ですが、それで も分与するのですね?
・結婚している間に購入したもの・・・TV、DVDプレイヤー、電子レンジ、オーブンレンジなど
・私が結婚前から持っていたもの・・・ステレオセット、DVD、DVDケースなど
・私がこずかいの中から買ったもの・・・PC、printerなど
・マンション・・・まだ4000万円ほど借金があります。売っても差分はマイナスになる可能性が高いのですが、債務の財産分与はどのような取り扱いになりますか?
・年金・・・最大半分を妻に渡すとのことですが、比率を妻と調整できますか?・・・例えば20%は妻に渡すとか。
また、妻の国民保険も私が支払っていますが、その分を私が請求できるのでしょうか?
・退職金・・・定年は60になりますが、今離婚しても財産分与の対象ですか?
・妻が実家へ戻る引越し費用などはどうなるのですか?・・・預金などを分配した後妻の持分から勝手に支払うものですか?
・給与口座のカードは妻が握っていますが、これを取り上げる事は出来ますか?・・・離婚が決まった途端、自分の欲しいもの(服やアクセサリーなど)に浪費する虞があります。→今はカード紛失届でカード取引を停止しています。まだ妻は気付いていないようです。
・私がカード(JCB)で買い物したものを今も私のこずかいから返済していますが、これは債務の分配の対象にはなりませんか?今5万円のこずかいを貰っていますが、その内3万円くらいが借金返済です。・・・妻の了解は取っていません。こずかいがなくなった時の飲み代やPCの部品などが積もり積もって今90万円ほど残っています。
・家族で使っているエアコンやソファーなどの借金が残っていますが、これは債務の分配の対象になりますね?
・預金の分配ですが、現在もガス代や固定資産税なども滞っており、これらを清算した残りをあり比率で分配するものと考えていいですね?家のローンなどを加えると残らない可能性もあるのですが、その場合の取り扱いはどうなりますか?
・離婚に際して弁護士を雇う場合、財産分与を行なった後の自分に配分された分から払うのでしょうか?実際支払う金額はどの程度でしょうか?
【その他】
・離婚完了までの手続きを教えてください(よくわかるホームページがあればそのアドレスでも結構です)
・妻が離婚に応じない場合、対応する手段はありますでしょうか?
・子供が一人(男22歳、今千葉県でホームセンターの店員(正社員)をしています。一人で暮らしています。私達婦婦は口も聞きませんが調布市に住んでいます。)・・・親権はどうなるのですか?また親権が妻が獲った場合、子供の苗字は妻の旧姓にしなくてはならないのですか。
・私は糖尿病である時期(40歳ぐらい)からインポテンツです。これが法的離婚要因になりますでしょうか。(性的行為の拒否)勃ちませんが、今も性欲だけはあります。→もしこれで慰謝料を請求される場合、どの程度の金額が相場でしょう?
・離婚届けで妻の押印する印鑑は旧姓のものになるのでしょうか。
-以上-
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

離婚問題は、一人で抱え込んで解決するものではありませんので

離婚専門の行政書士か弁護士の先生と二人三脚で行っていくのが良いかもしれません。

それでは質問に順番にお答えいたします。かなりの量ですが頑張ります。

・妻が婚礼道具として親に買ってもらったもの・・・箪笥など

<ご回答>

家財道具は基本的に、財産分与の対象とはなりません。

勝手に、これはどちらが持っていくものと決めるのは構いませんが

残されて処分するにもお金がかかり、財産とは言い難のです。


・妻は専業主婦ですが、婚姻中に積み立てた預貯金・・・どれくらいの比率で分与するのでしょう?総てが私の働いたお金ですが、それで も分与するのですね?

<ご回答>

預貯金等も名義がどちらであれ、婚姻中にできた財産は共有財産で

離婚時には折半となります。

どちらが一生懸命働いたとかではなく、配偶者の助けがあってなしえたものであると

考えて、貢献度は半分半分と考えます。


・結婚している間に購入したもの・・・TV、DVDプレイヤー、電子レンジ、オーブンレンジなど

<ご回答>

婚姻してから購入したものは、共有の財産で分与の対象になりますが、上記のものは

家財道具で、ご自由に分けてください。


・私が結婚前から持っていたもの・・・ステレオセット、DVD、DVDケースなど

<ご回答>

婚姻前から持っていた財産は、固有の財産で分与の対象にはなりません。

それに基本、家財道具です。


・私がこずかいの中から買ったもの・・・PC、printerなど

<ご回答>

上記の通り、財産分与の財産とは言えません。


・マンション・・・まだ4000万円ほど借金があります。売っても差分はマイナスになる可能性が高いのですが、債務の財産分与はどのような取り扱いになりますか?

<ご回答>

マンション等の不動産の扱いは、一番もめるところで、分与の方法論もいろいろ

あるので、個別に具体的に専門家と相談して下さい。

マイナスの財産分与は基本はないので、そうならないように方法論を考えます。


・年金・・・最大半分を妻に渡すとのことですが、比率を妻と調整できますか?・・・例えば20%は妻に渡すとか。
また、妻の国民保険も私が支払っていますが、その分を私が請求できるのでしょうか?

<ご回答>

年金関係は、最大50%と言うのではなく、原則が50%と考えてください。

余程、特殊な場合でないと減らすことは難しいですね。

最初から離婚前提で、奥様の国民年金を支払っていないとは思いますので

返還は難しいですね。

ただ、退職金と言うお話から、厚生年金なら関係のないお話では?


・退職金・・・定年は60になりますが、今離婚しても財産分与の対象ですか?

<ご回答>

退職金や保険金も対象となります。

ただ支払いの考え方は、途中で自己都合で会社をやめたらとか

保険の中途解約ならと言うようなお話です。かなり、満期よりも安くなります。

ただ、ここも民事なので自由です。


・妻が実家へ戻る引越し費用などはどうなるのですか?・・・預金などを分配した後妻の持分から勝手に支払うものですか?

<ご回答>

実際には、奥様が専業主婦ですから、清算的財産分与(一般的なもの)よりもさらに

扶養的財産分与が必要になるケースです。引っ越し代は払う可能性はございます。


・給与口座のカードは妻が握っていますが、これを取り上げる事は出来ますか?・・・離婚が決まった途端、自分の欲しいもの(服やアクセサリーなど)に浪費する虞があります。→今はカード紛失届でカード取引を停止しています。まだ妻は気付いていないようです。

<ご回答>

離婚が確定するなり、離婚届を出せばカードも清算になります。


・私がカード(JCB)で買い物したものを今も私のこずかいから返済していますが、これは債務の分配の対象にはなりませんか?今5万円のこずかいを貰っていますが、その内3万円くらいが借金返済です。・・・妻の了解は取っていません。こずかいがなくなった時の飲み代やPCの部品などが積もり積もって今90万円ほど残っています。

<ご回答>

離婚してもご自分がお使いになるものであれば、ご自分のものとしての借金で

連帯保証人でもなっていなければ離婚した時点で奥様とは関係ない話になります。


・家族で使っているエアコンやソファーなどの借金が残っていますが、これは債務の分配の対象になりますね?

<ご回答>

離婚後にどちらが使うかで、考えても良いでしょうね。


・預金の分配ですが、現在もガス代や固定資産税なども滞っており、これらを清算した残りをあり比率で分配するものと考えていいですね?家のローンなどを加えると残らない可能性もあるのですが、その場合の取り扱いはどうなりますか?

<ご回答>

現金や預貯金は折半となります。


・離婚に際して弁護士を雇う場合、財産分与を行なった後の自分に配分された分から払うのでしょうか?実際支払う金額はどの程度でしょうか?

<ご回答>

離婚に関しては弁護士の先生にご依頼しても、離婚調停は何ら得することはありません。

単に代理人として行っていただくと言うケースになります。

まず着手金30万円、成功報酬は財産分与額の総額の何十%も取られます。

経済的にはあまり意味が無いでしょう。


【その他】
・離婚完了までの手続きを教えてください(よくわかるホームページがあればそのアドレスでも結構です)

<ご回答>

基本的にはネット知識では意味が無い場合も多く、やはりケースバイケースで

とくに離婚問題を実務として多く扱ってないとダメでしょうね。

机上の学問的な話では役にたちません。

それであれば、離婚専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼された方が早いですね。


・妻が離婚に応じない場合、対応する手段はありますでしょうか?

<ご回答>

そうすると、まだ、離婚に合意してないということですね。

その場合は、離婚調停になっても性格の不一致では奥様が合意しない限り

離婚できません。それを覆すには長期的な別居実績しかございません。


・子供が一人(男22歳、今千葉県でホームセンターの店員(正社員)をしています。一人で暮らしています。私達婦婦は口も聞きませんが調布市に住んでいます。)・・・親権はどうなるのですか?また親権が妻が獲った場合、子供の苗字は妻の旧姓にしなくてはならないのですか。

<ご回答>

すでに成人ですので親権の問題は起こりません。苗字の変更は

奥様の同意があれば、後はお子様の意思のみで可能です。

必ず旧姓と言うことでもありませんし、一応離婚したら親権問題が仮に

あったとしても、お子様の戸籍は戸籍の筆頭者に必ず残ります。


・私は糖尿病である時期(40歳ぐらい)からインポテンツです。これが法的離婚要因になりますでしょうか。(性的行為の拒否)勃ちませんが、今も性欲だけはあります。→もしこれで慰謝料を請求される場合、どの程度の金額が相場でしょう?

<ご回答>

病気の場合であれば、慰謝料の請求は難しいでしょうね。


・離婚届けで妻の押印する印鑑は旧姓のものになるのでしょうか。

<ご回答>

婚姻時点の印鑑です。離婚届が出て初めて苗字が変わったりするので

離婚届の時点は、変更はありません。

新しい戸籍もできるまで2週間もかかります。

奥様が離婚に合意しないようであれば

まずは本気度を示すために別居されることをお勧めいたします。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

申し訳ございません。判りが遅いものでもう少し教えてください。

(1)マンションの件

・マイナスにならないような方法論とはどのようなものでしょう?例えばマイナスを預貯金で穴埋めした結果を預貯金で折半する、というような事でしょうか?

(要するに債権そのものの財産分与はなく、債権も清算した結果、残りのプラス部分を清算すると言う事ですか?→現在ある大小の借金がどのように取り扱われるのかを知りたいのです。)

(2)年金について

・厚生年金は関係ないとのことですが、年金が出る時期になって、例えば国民年金が14万、厚生年金が6万出る場合、妻に渡すのは7万円と言う事ですか?

(3)退職金

・例えば私が56歳で離婚し、60歳になって退職金が1千万貰えた場合、離婚時にどの程度妻に支払ウ必要があるのでしょう。それとも、56歳で途中退社した場合を試算し、その半分を離婚時点では貰ってもいないのに妻に支払う必要があるのでしょうか?

(4)行政書士と弁護士

・違いを教えてください

・「行政書士や弁護士へ相談」とありますが、相談する場合の料金は如何程でしょう?

(5)扶養的財産分与

・扶養的財産分与とは何ですか?専業主婦の場合、預貯金の折半の上に、毎月の手当てを妻に払う必要があるのですか?よく意味が判りません。

(6)離婚調停

・離婚調停をしなくても、本人達が納得して離婚届に捺印すれば、離婚は成立するのではありませんか? 離婚届の受理後、財産分与などの問題が発生した場合どうなるのでしょうか?

 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

それぞれにお答えいたします。

(1)マンション等の不動産でローン残である場合、

売却するか、どちらかが住み続けるかの考え方があります。

今回のケースでは、まだ4000万円もの残があるようですから

ローンを支払って間もないかもしれません。

任意売却は、不動産業者の選び方によっては、どの時点で売ってもプラスになる

可能性はあります。まず大手の不動産会社には頼まず

地元の中小の信頼のあるところに頼みます。

大手に頼んで大失敗と言うのがほとんどです。

まず中小の信頼ある業者でどうか様子を見て売却を考えます。

やはり赤のようなら、どちらかが住み続けます。

ご相談者様がローンを払い続けるなら、どちらが住もうが

最終的にはご相談者様の財産ですから問題はないのですが

一応財産分与を厳密に考えると、これまでのローンを支払った半分を

奥様に渡すことになります。ただ、現実問題はそんなことはしないことが多いですね。

ローンを払い続けるのだから、そういうことはしないでもらうみたいな。

奥様が住み続ける場合も方法論はありますが

それは、個別の問題なので、そこのところは実際に

離婚協議書を作成する行政書士や弁護士の先生とご相談された方が良いでしょうね。

(2)基本的に、厚生年金の場合は、奥様は第3号被保険者として

ご相談者様が支払う保険の中に含まれていて、別に支払うことはないと思います。

それは第1号被保険者の自営業者だけです。

国民年金分は、両方にでますが、厚生年金分の多い方から少ない方に

半分に分けることになります。年金分割は、しないこともできますが

24年も年金に加入していれば、分割をしないと言うことはないと思いますので

避けることはできないでしょう。

(3)現時点で自己都合で会社を退職したとして計算します。

自己都合と、定年退職では、額が雲泥の差だと思われます。

その額の半分を今支払うか、定年後に支払うかと言う流れでしょうね。

専業主婦なら尚更、お金にはシビアになるので要求してくるでしょうね。

(4)行政書士と弁護士の先生の離婚の業務の最初の部分はかぶります。

大きな違いは、訴訟や代理交渉が必要なときは弁護士の先生しか業務ができないと

言うことです。

単に協議離婚で、離婚協議書を作成するのであれば、行政書士の方がかなり

報酬額が安くなります。10倍以上違うこともあり得ます。

相談料はどちらも同じで、面接相談で1時間1万円程度ですね。

その後の額が、弁護士の先生ならすぐに着手金30万円かかります。

(5)奥様は仕事をされて無い訳ですから、離婚後にどのように生活していくことに

なるでしょうか。そう考えると、独り立ちできるまでは、援助が必要と言うことです。

中高年でもパートぐらいはできるでしょうから、後の補てんですね。

月5万円前後とか支払うことも多いですね。期間は半年から2年ぐらまでが多いですね。

まっここは話し合いです。

(6)協議離婚jは、当事者が合意しないとできません。そうなると次の段階は

調停離婚です。調停だと、本当の折半に財産がなり、反論の余地は無くなります。

協議はいろいろ自由に決めることができるのです。

ただ、最終的には離婚協議書を公正証書で作成しないと

覆されることもございます。

 ご相談者様に有利に離婚条件をもっていくには

協議離婚でもっていくことで、離婚調停にしないことでしょうね。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
満足したユーザー: 4335
経験: 中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    828
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    828
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    305
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問