JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

年末にお騒がせです。いよいよ、もう「相手側の不誠実な言動により多大な精神的苦痛、また身体的苦痛」を被り、「損

解決済みの質問:

年末にお騒がせです。 いよいよ、もう「相手側の不誠実な言動により多大な精神的苦痛、また身体的苦痛」を被り、「損害賠償請求」の訴訟に踏み切ろうかと思います。まだ弁護士の先生に確認してませんが、私および家族は多大な被害を被り、大変です。まず、私に損害賠償請求権が発生するとお考えですか?負けてもいい。お金じゃないんです。皆、金銭的なものは応援してくれると言っています。いくらでも出すと。どっかでけじめをつけたい。あと、管轄地の問題ですが、地裁になりますよね。相手方のところになるのですか?私は、ケースバイケースで、こちらでもどこでも出来るとは聞いたことあるのですが・・・。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

精神的な損害があれば、慰謝料と言う形で請求が可能です。

また、金銭的に余裕があれば、弁護士の先生に代理交渉人となって

いただく方が良いと思います。

訴訟は本人訴訟も可能ですが

やはり、弁護士と裁判官を相手に、一般の方が争うのは

難しいものがあるようです。

裁判官も一般の方だからと、法的な手続きを甘くすることは

無いようです。

また、ご懸念の裁判管轄の問題も解決すると思われます。

ご相談者様が出向かなくても、弁護士の先生が出向いてくれるからです。

裁判管轄は、申し立てられた相手方の住所地になります。

ケースバイケースと言うのは

お互いが合意した合意管轄の時か

出向くのが物理的に難しい状況の場合になります。

合意管轄以外は認められるのは難しいようです。

相手方は、ご相談者様に不利にするために

合意管轄は認めないと思われます。

弁護士の先生とご相談された方が良いかもしれません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問