JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

前回と同じ離婚問題の質問です。前回私がした質問と回答のやり取りを見ていただいた上で回答頂けると二度手間でなく助かりま

解決済みの質問:

前回と同じ離婚問題の質問です。前回私がした質問と回答のやり取りを見ていただいた上で回答 頂けると二度手間でなく助かりますが?
別居六年半に決着をつけて、一日でも早く離婚したいのです。
公的手続きを進める予定で弁護士に頼んでの調停から離婚裁判を視野にいれて依頼するつもりです。
伺いたいのは、
①裁判で最高裁まで勝ち切れば離婚は確実なのか否か?ということ。
相手がなんやかんや訴訟を繰り返せば結局離婚できないのではないか?と危惧しているのです。
②もし、①の回答がYesとすれば、延々と訴訟合戦が続き一生離婚できないこともあり得るのか?ということ。なら、結局当事者同志が納得するまで話し合うほうが近道なのでは?と思うのです。

相手はエキセントリックで感情論でしか物事を判断しないタイプ、本当に始末が悪く、悩んでます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

最高裁で判決が確定したらそれ以上は上告出来ませんので離婚は確定することになります。

 

調停や裁判で離婚が確定した場合、離婚届けに相手方の署名押印は不要です。

 

延々と訴訟合戦が続くことにはなりません。

sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
離婚裁判の最高裁で結審したとしても、難癖をつけて別件で訴訟を起こされて手続きが滞る事はありませんか?
もし、それもないとしても、リスクとしては住居占有のリスクは残りますよね?社宅に居残り続ける可能性が濃厚です。その際は社宅契約者である私の会社がどう出るかにもよりますが、最悪私に経済的被害が及ぶ事になりますか?その被害を先方か先方の親族に請求できますか?
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

判決が確定した日が離婚成立日になるので、相手がなにかをしたとしても、手続きが滞ることは想像しにくいです。

 

会社が不法占有している者に対して退去するように求める可能性はあるでしょうし、会社は社員である相談者様のために社宅を用意しているのですから、賃貸料については相談者様に支払いを求める可能性はあります。

 

仮に相談者様が会社に何かを負担したら、それを奥様に求めることは可能です。

 

親族は社宅の保証人ではないと思いますので、道義的責任はあるとしても奥様の代わりに負担を強いることは無理です。

 

請求して任意に払うことは構いません。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問