JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

離婚調停が平成23年12月22日不調となりました。 離婚訴訟を申し立てるにはどのようにすればよいのでしょうか?

解決済みの質問:

離婚調停が平成23年12月22日不調となりました。
離婚訴訟を申し立てるにはどのようにすればよいのでしょうか?
弁護士を雇わなければならないのでしょうか?
できる限り、低料金で抑えるためには、どのようにすればよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが、ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

裁判をご自身で申し立てて行うことは不可能ではないと思いますが、奥様もそれなりに準備をして調停をされていたようですから、裁判になればおそらく弁護士さんに依頼されてくるものと思います。

 

そうなるとやはり相談者様も弁護士さんを依頼してきちんと主張すべきと思います。

 

法テラス(司法支援センター)で法律扶助制度を受け付けています。

 

収入によりますが、条件が合えば、普通に弁護士事務所に依頼するよりも費用が安く、1万とか5千円の低額の分割払いで依頼することが出来ます。

 

一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

法テラス

http://www.houterasu.or.jp/

 

法テラス 携帯サイト

http://www.houterasu.or.jp/k/

 

サポートダイヤル

0570-078374(おなやみなし)
PHS・IP電話 03-6745-5600
平日 9:00-21:00
土曜 9:00-17:00

sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問