JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

はじめまして。 お世話になります。 現在19歳の未婚の母です。 今、2歳の男の子が居るのですが、父親に取られな

解決済みの質問:

はじめまして。
お世話になります。
現在19歳の未婚の母です。
今、2歳の男の子が居るのですが、父親に取られないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?
ちなみに、父親は生まれて一度も息子に会った事はありませんし、認知もしてもらってもいません。
経済面でも頼った事もありません。
何か良い方法をよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが、ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

未婚で認知もされていないお子さんということは、現在、父親と子供の間には何の親子関係もないことになります。

 

父親が子供を強引に連れて行けば誘拐です。

 

民法は

(子に代わる親権の行使)

第833条 

親権を行う者は、その親権に服する子に代わって親権を行う。

 

と定めています。

 

「親権を行う者は、その親権に服する子に代わって親権を行う」という規定は、子に代わる親権の行使であり、今回の事例にあたります。

したがって、相談者様は子供の実母でありながら、子供に対する親権はあなたの親権者(原則として両親)、すなわち、子供の祖父母が行っていると考えられます。

 

「取られる」言葉の意味を、親権監護権についてと考える場合には、とりあえず相手方男性は、自ら認知を行いそののちに親権変更の調停・審判を申し立てる必要があります。

 

(離婚又は認知の場合の親権者)

民法第819条

 父が認知した子に対する親権は、父母の協議で父を親権者と定めたときに限り、父が行う。

 前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所は、父又は母の請求によって、協議に代わる審判をすることができる。

 

生まれてから現在まで、相談者様とご両親のもとでお子様が問題なく養育されているのであれば、相談者様並びに親権代行者であるご両親が応じない限り、親権監護権の変更を裁判所が認めるとは考えられません。

 

まず無理です。

 

「取られる」、子供を有形力を用いて略奪すると考えた場合には、日々お子さんから目を離さないようにして、連れ去られないようにすべきと思います。

 

保育園などに預ける際も、自分や許可した家族以外が迎えに来ても絶対に子供を引き渡さないように告知しておくと良いと思います。

 

現在、男性は実の父親であるかもしれませんが、法律上は子供に対して何の権利も持っていません。

認知しない限り親権を主張する権利もありません。

 

お子さんが問題なく今まで育ってきているなら、容易に現状を変えるような判断を裁判所はしませんので、落ち着いて今まで通り愛情を持ってお子さんを育ててください。

日々の監護養育が実績となり有利な材料になります。

 

誘拐などが心配な事情があるのであれば、警察に相談して巡回などをしてもらうと良いと思います。

 

以上、お答えします。

 

不足や追加質問がありましたら返信でご質問ください。

sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問