JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

bengoshimailmeに今すぐ質問する

bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

父が再婚するといっているのですが、その再婚相手が外国籍の方で、その妹を偽装結婚した形で入籍し、国籍を取得させました。

解決済みの質問:

父が再婚するといっているのですが、その再婚相手が外国籍の方で、その妹を偽装結婚した形で入籍し、国籍を取得させました。その後、すぐにその妹さんの戸籍は除籍されました。今後、父とその女性が入籍した場合、私たちにおよぼされることはどのようなことが考えられるでしょうか。父自身は自己破産し、財産などありません。わずかに残った年金をすべてその方とその人の家族に残したいと考えているようです。入籍を阻止すべく、入国管理局に通報すべきか迷っています。どうぞ専門的見地からの回答をお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

こんばんは。

再婚予定相手の妹さんと偽装結婚して国籍を取得させた後に,その妹さんの戸籍が除籍されたという部分は,
お父様の狙いとしてはなんなのでしょう?単に再婚相手の妹さんに日本国籍を取得させるということだけが目的だったということなのでしょうかね。

再婚を阻止させるべく入管に通報なさるおつも りとのこと。
通報するとすれば,再婚相手の妹との前婚が,偽装だったということを理由にすると思います。
偽装だということをある程度疎明できるような証拠のようなものがあれば,お父様は捜査の対象となり,
偽装だと判断されると,妹の方は国外退去,
お父様は逮捕,起訴される可能性がありますね。
そして,仮に捜査開始とまではならなくとも,お父様が保証人となるはずの,再婚相手の入国やビザ取得はほぼ不可能になる可能性が高いでしょう。
また,そうならなかったとしても,お父様が相手となる,再婚相手の結婚ビザ(結婚を理由とする滞在査証)の
取得は認められないことになると思われます。
それゆえ,事実上,お父様と再婚予定相手との日本での結婚は阻止できると思われます。

ただし,結婚自体は,どこの国においても(ほぼ)可能ですから,どこかの国で合法的に結婚して,
そのことを日本大使館に届け出ることにより,日本に入国しなくても,日本におけるお父様の戸籍には,結婚したことが載ることになるため,そういう意味では,結婚を阻止することはできないのではないかと思います。

なお,書かれている事情を見る限り,お父様とその女性の入籍による,あなた(子供ら)への影響というのは
ほとんど考えられません(悪影響という観点で考えた場合。プラスでもマイナスでもない影響としては,一応,再婚相手との間に事実上親族,姻族関係が生じるということくらいでしょうか)。

質問者: 返答済み 5 年 前.

すいません。もう少しお願いします。

①父が妹との偽装結婚にあたり、そのことを疎明するようなものはありません。相手の女性から「私のことが好きならば誠意を見せて」と言われて、その誠意の証が偽装結婚だったようです。このような既成事実だけで入籍は阻止できるのでしょうか。父は母亡き後、三人の私たち兄妹を置き去りにしてその女性のもとに行っていた人です。母の戸籍にその相手の方に入ってもらいたくないと思っているのが私たちの思いです。訴訟になった場合、証拠不十分になるのでしょうか。

②もしその女性が籍に入った場合義母として おつきあいをしていかなければならないのでしょうか。父との縁切りは可能なのでしょうか。

③偽装結婚を訴訟する際、証拠とするためにはどのようなものが必要なのでしょうか。

 

以上の3点でよろしくお願いします。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
1.偽装結婚を疎明するものがないのに,お父様あるいは婚約者の妹のことを通報すると,虚偽告訴罪という犯罪になる可能性があります。
  誠意の証として…というのが偽装結婚だということは,ふつうの人にはない発想ですので,その結婚がいくら不自然でも,偽装とまではいえないのではないかと判断される可能性が高いです。ということで,その事実だけで入籍を阻止することはほとんど不可能なのではないかと思います(また,外国で結婚されたらどうしようもないということは前回申し上げました)。ちなみに,訴訟にはならないと思います。

2.お付き合いをする必要はないと思います。
  法律上,子供が父親との縁を切ることはできませんが,事実上,連絡をとったり話をしたりしなければ縁を切ったと同じ状態です。
  そもそも,結婚を阻止しようとして通報するのに,お付き合いはできないでしょう。

3. 訴訟にはなりません。あなたの通報がきっかけで捜査が開始されて,逮捕,勾留,送検されても,おそらく起訴まではされないでしょう。証拠がないということですので。というより,当事者の本当の気持ちがどうだったかということを証明しなければならないわけですから,よほどお金が動いていたとか結婚を繰り返し繰り返ししていたなどの事情がないと難しいと思いますよ。ちなみに,ここで言っているのは刑事訴訟のことですから,あなたが訴えることのできる民事訴訟とは異なります。ですから,証拠とするのに何が必要かに関して,あなたが関与する余地はないのですよ(証拠がないならば通報することは不可能だという意味で,関係しますけれど)。
bengoshimailme, 弁護士
満足したユーザー: 818
経験: できるだけ分かり易くお答えします。
bengoshimailmeをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    210
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問