JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 1359
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

いつもお世話になっております。もし相手側が弁護士先生だけを代理人で立ててくる可能性もありますので、その場合、基本同室

解決済みの質問:

いつもお世話になっております。もし相手側が弁護士先生だけを代理人で立ててくる可能性もありますので、その場合、基本同室になるとお聞きしましたが、出来たら別室にして下さいという、そういったこまごまとした配慮をお願いする場合、タイトルを何とつけて、裁判所に書類を提出すればよろしいのでしょうか? タイトルの適切な名前が分かりません。もう提出して見ないと、どこでしょりされるのか、誰か来るのか来ないのか、分からないものですから。 タイトル名を教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 「上申書」です。書記官に聞けば教えてもらえます。

 

 調停は交互に入室・尋問され、双方が顔を合わすことはありません。言い渡しのときのみ同席です。

 

 ラウンド法廷では同席ですが、片方に弁護士がついていないからといって不利益取扱いはないと思います。まだまだ本人訴訟が多いのが現実です。別に何も取って食おうというわけでもないのですから、堂々と受け答えしてください。

 

 

 受け答えに不安がある場合は、弁護士事務所で事案を説明して「不利にならないよう、想定問答と受け答えを教えてください」といえばよろしい。また相談相手がいるなら、控え室に待機してもらい、何か決めるときには相談にいけばよろしい。

 

 どうしても自分でしゃべる自信がない場合、ヘタこきそうな場合はこちらも弁護士を雇ったほうが無難です。

kionawakaをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問