JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

sakurabitoに今すぐ質問する

sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

内縁関係の相手が危篤状態です。 相手方には家族がおりますが、相手方からは連絡するなと言われております。 私が今す

解決済みの質問:

内縁関係の相手が危篤状態です。
相手方には家族がおりますが、相手方からは連絡するなと言われております。
私が今すべきことは何でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが、ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

もしも相談者様と相手方のご家族のうちどなたかに面識があり、連絡を容易にとれる間柄であるなら、連絡されたほうが良いように思います。

 

相手方はご家族と会う気も話す気もないかもしれませんが、ご家族の方には話たいことがあるかもしれません。

 

それを叶えることが出来るのは生きているうちです。

 

ここに至るまでの事情が分かりませんので、不適切なアドバイスかもしれません。

 

亡くなった後には相続の手続きが必要になると思います。

その時にはやはりご家族と連絡を取る必要が出てくると思います。

 

亡くなった後から伝えると相談者様が責められる恐れはありませんか?

 

相手方のご家族に伝えて、家族が会いに来るかどうかは相手方の家族次第です。

 

亡くなる前に人生の清算を少しでもできた方が相手方も安心して旅立てるのではないでしょうか?

 

伝えて、相手方さんの家族が来ることが、相手方さんにとって明らかにマイナスにしかならないと思われる事情があると思われるなら、伝えないほうが良いのかもしれません。

 

あいまいな回答になりますが、

 

以上、お答えします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございました。

15年近くの別居生活、その間の長い離婚裁判、つきまとい、ストーカーなどの嫌がらせ、このようなことがあり、相手方家族との連絡はとっておりません。しかし、人生の清算ということを意識していない状況ですので、連絡したほうがいいのか悩みます。

私には相続権はないので、亡くなったあとに連絡するのと、今、連絡するのでは、たとえ恨まれるにしても、法的な不利益は生じるのでしょうか?

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

相手方さんは離婚裁判をされたようですが、離婚は成立しているのでしょうか?

 

教えないことで、法的な不利益は無いと思います。

 

当人の意向に従ったことでありそのことで不利益が生じることは無いと思います。

 

相手方さんは遺言書は作成されていないのですか?

 

遺言書があれば相談者様にも遺産をもらう権利を確保することが出来ます。

 

公正証書の遺言書は公証人が病床に出向いて作ることもできます。

 

一度相手方さんに、遺言書の作成をお話ししてみてはどうでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございました。

更に、状況がこじれてしまい、ご返信いたします。

離婚裁判では、障害児の子供がいるために、夫婦間の婚姻関係の破綻は認められたものの、離婚は認められませんでした。

ご相談していたのにも関わらず、結局、医師の執拗な指導と、相手方が意識不明状態に陥っており、相手方家族に連絡をとってしまいました。

そうしましたところ、相手方家族が病院に圧力をかけ、私や友人などの面談を一切、できないようにしております。

医師も、法的な妻の権利を守るしかないとのこと、相手方の病状さえ、個人情報ということで教えてくれなくなってしまいました。

相手方には、意識が全くない状態で、人口呼吸器を付けていますので、遺言どころではありません。

私はいったいどうしたらいいのでしょうか?

また、病院側は、長く連れ添い、相手方の意向で、病院の入院手続き、同意書まで委託されていたのに、ここまで私を拒否する権限はあるのでしょうか?

また、私は相続に関しては、何も望んでいません。

それより、相手方がまだ少し生きられるのであれば、少なくとも、最期まで連れ添っていきたいと思っており、どうにか面談させてほしいのです。

日大病院に入院しておりますが、病院側への不信感もあり、何か、このような相談を訴える機関はないものでしょうか?

入院手続きの連帯保証人、治療の同意人として正式書面に、私が捺印しております。今のままでは、絶対に別れたいといっていた家族と病院がぐるになって拉致・監禁されているようでかわいそうでなりません。

相手方は一命をとりとめ、意識が戻るようになるかもしれませんが、そのときまで、ひたすら我慢した方がいいのでしょうか?

また、妻だからという権限で、転院手続きなど勝手にできるものなのでしょうか?

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

事情がかなり進んでしまったようですね。

 

病院の対応への苦情・相談についてですが、病院内なら事務局のそのようなものがあると思います。

 

病院外に相談するときは、東京であれば都の福祉保健局に問い合わせてみると良いと思います。

 

病院としても、法的な親族の申し出とあればそれを無視することも後々のトラブルを招くと考えるでしょうから対応が難しいところだと思います。

 

いままで付添できていただけにお怒りはごもっともだと思います。

 

意識が回復したらきっと相談者様との面談を相手方さんも望むでしょうから、今はとりあえず回復されることを願うしかないと思います。

 

時間と都合が許されるのであれば、法テラスの無料法律相談などを利用して、重婚的内縁の場合の権利などについて面談で相談されると良いように思います。

sakurabito, 行政書士
満足したユーザー: 250
経験: 行政書士事務所代表
sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    828
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    828
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    305
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問