JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

結婚3年半の主婦です。 主人が9月末より浮気をしていました。 主人いわくエッチをしたのは2,3回だそうです。

質問者の質問

結婚3年半の主婦です。
主人が9月末より浮気をしていました。
主人いわくエッチをしたのは2,3回だそうです。
証拠は相手が主人に送ったメールの写メです。
内容は隣で寝ていたこと(その日は夕方7時ごろ出て次の日の朝方7時ごろ帰宅しています。)
エッチをし、とてもいい関係だというないようです。
あと主人も認めています。
記録は削除されて しまいないですが、相手と「不倫だね」という内容のメールをしているのをみましたので、既婚者だと知っていると思います。
相手とご飯を食べているときに電話もしました。


家庭はセックスレスではありましたが、手をつないだりキスしたり普通の夫婦です。
主人は浮気の原因はレスだと言っていました。
現在は私が少し潔癖なのもあるのか、キスはできませんし、相手が座ったと思うと汚くて車の助手席に座れず、後部座席に座っています。
余裕があれば車を変えて欲しいともお願いしました。

今は私が相手に連絡しないでほしいとメールしましたので連絡はないようです。

短期間、数回ですが慰謝料を請求し、裁判になった場合勝つことはできますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが、ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

現在、相談者さまのお手元には浮気の証拠となる写メもメールも残されていないということでしょうか?

 

記録が削除されているのは「不倫だね」という内容のメールだけで、ほかの写メやメールなどは残っているということですか?

 

すべて削除されてしまっていて相談者様の手元に何もないとなると、万一旦那さまと相手女性が不貞の事実の否認されたときには不貞の証明をすることは難しいと思います。

 

証明が出来ないということは、裁判でも慰謝料が認められない可能性が高いと思います。

 

もちろん、旦那さんや相手女性が不貞の事実について否定せずに認めるなら証拠がなくても構いません。

 

メールの写メなどで不貞が客観的に推認されるなら問題はありません。

今後旦那さんが証言を撤回しないように念書を取るとか旦那さんが不貞を認めている内容を録音できればさらに望ましいと思います。

 

相談者さまと旦那様は今回の不貞が原因で離婚されるのでしょうか?

それとも、今回のことはお互いに受け止めたうえで離婚しないで婚姻生活を続けるおつもりでしょうか?

 

不貞の慰謝料は離婚しない場合でも請求することはできます。

 

しかし、離婚する場合としない場合では慰謝料の額は変わります。

 

専門の本などによると離婚に至るケースで200~300万円

 

離婚に至らないケースでは数十万~150万円くらいが多いようです。

 

慰謝料は心の痛みであり明確な計算式はありません。

 

裁判になれば裁判官が双方の主張を踏まえ過去の判例なども考慮して慰謝料の額を決めます。

 

今回のケースでは、交際期間が比較的短く、離婚に至らないとした場合の慰謝料は、不貞の事実が認められたとしてもおそらくは数十万になるかと思います。

 

裁判を行うことになると弁護士を依頼されるでしょうし着手金と成功報酬など弁護士への報酬と受け取る慰謝料の額によっては費用倒れになる恐れもあります。

 

不貞の慰謝料については家裁あるいは簡裁で調停の制度を利用して話し合うこともできます。

 

調停なら請求額にもよりますが数千円で申し立てできます。

手続きも難しくありません。

 

調停はあくまでも話し合いであり、不成立になっても裁判のように裁判官から判決を得ることはできませんが、相手が来れば調停委員を介して話し合い慰謝料や謝罪について取り決めすることもできます。

 

相談者様としましては心情的に辛いこともたくさんあるかと思います。

 

セックスレスに至った経緯は承知していませんし、相談者様と旦那様がレスの解消や改善に向けてどのような努力をさせていたのかもわかりません。

 

旦那様は旦那様でレスに不満を抱いていたのかもしれません、もちろんだからと言って不貞をしていいわけではありませんが、事情を考慮するうえでの一つの判断材料にはなると思います。

 

旦那様と今後も結婚生活を継続されるのであれば旦那様ともよく相談されて慰謝料の請求を行われたら良いと思います。

 

相手方への対処方法としては、裁判や調停で慰謝料を請求するほかに、内容証明郵便で請求する方法もあります。

 

また、警告という形で「交際の中止と、交際を中止しなければ過去の分も含めて慰謝料を請求する。」と通知する方法もあります。

 

相談者様のお気持ちがどの方法で一番収まりがつくかはわかりませんが、かかる費用なども考慮されたうえで区切りをつける方法を選択されたらよいと思います。

 

以上、お答いたします。

 

不足や追加の質問があるときは返信でご質問ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。

証拠は不貞行為があったととれる内容の写メがあります。

レスの原因は結婚3ヶ月から一年にわたり続いた女性との関係です。
不貞行為はなかったようなのですが、相手の気持ちを知りながら私に隠して浮気をしていました。
これが原因でレスになっていました 。

私は主人が別れたいと言えば離婚に応じるつもりですが、やり直したいと言われたので今のところ離婚の予定はありません。

まずは内容証明を送ってみようと思っています。
主人に聞けば自宅もしくは会社がわかると思いますが、現段階ではわかりません、
わからない場合は調停などしかないということでしょうか?
また、内容証明が拒否された場合や支払いがない場合は弁護士が必要になるのでしょうか?

慰謝料はかかった費用だけでももらえたらと思っています。
私は直接あやまってもらいたいのですが、あやまってもらえたら額を減らすけどあやまらないなら提示額で、みたいなことは出来るのですか?
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

相手の正しい住所と氏名がわからないと郵便も送れませんし、裁判や調停の書面を送ることもできません。

 

自宅もしくは職場の住所を確認できることが望ましいです。

 

旦那様が素直に相手方の氏名や住所・職場を教えてくれると良いですね。

 

弁護士に慰謝料請求を依頼すると相手方の電話番号やメールアドレスなどから電話会社に照会出来るようです。

 

内容証明での請求に相手が応じないとしても、調停であればご自身で申し立ても出来ます。

 

簡易裁判では140万円までの請求が出来ます。

 

この場合もご自身で申し立てをすることは可能であると思いますが、書類の準備などは弁護士あるいは司法書士に相談しながら行う方が望ましいと思います。

 

弁護士に交渉を依頼する方法もありますし、簡易裁判所の代理権を持っている認定司法書士であれば140万以下の交渉を依頼することもできます。

 

請求の方法については、慰謝料だけの請求でもいいでしょうし、謝罪文と慰謝料という方法も構いませんし、「直接あるいは書面での謝罪を行うなら慰謝料については考慮する用意がある」と伝えてもよいと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
分かりやすい回答ありがとうございます。

職場で出会ったみたいなので仕事先はわかると思いますが『教えてくれないなら離婚する』と脅すような感じで聞き出すのは私の立場悪くなりますか?

認定司法書士というのはみなさん持ってるのでしょうか?
それとも持ってる人を探すのが難しいようなものでしょうか?

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

少々の泣き落としは問題ないと思います。
ご自身の切実な思いを告げて、おおげさなことをするつもりはなく、けじめをつけるために協力してほしいと伝えてはどうでしょうか?

 

すべての司法書士が簡易裁判所の代理権を持っているわけではありません。

各地域にある司法書士会のHPの会員名簿には認定司法書士がわかるように表示しているものが多数あります。


また、HPや電話帳などでも簡裁代理権の資格があることを明示して広告を出している方もいます。

 

可能であればお住まいの地域の司法書士会のHPを一度ご確認されることをお勧めします。

地元の司法書士会の事務局に電話で問い合わせしても紹介はしてもらえると思います。

 

 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問