JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

離婚後紛争調停を申し立てる者です 調停が不調(話がまとまらない)、あるいは相手、あるいは代理人が出廷して来なか

解決済みの質問:

離婚後紛争調停を申し立てる者です

調停が不調(話がまとまらない)、あるいは相手、あるいは代理人が出廷して来なかった場合も不調で間違いないですか?

次に調停前置主義から、今度は審判に進むつもりです。

裁判所の方の説明では、審判は図書館に本がありますし、普通の人でも書けますよとの

説明を受けました。本当でしょうか?

そして、相手、もしくは代理人が出廷して来なかった場合は、原則欠席裁判で

私の主張が全面的に認められると説明を受けま したが、本当でしょうか?

つまり、確定すると。そして意義申し立ては2週間以内に出来るけれど内容によると。

また場合により、審判(裁判)ですから、証拠主義により、裁判官の権限で

相手側及び、私の調査もされると聞きました。

私は、調査されても一向に構わないのですが、審判の流れ、そして審判の「欠席裁判」→「確定」は

本当なのでしょうか?

審判の呼び出しに、相手側が異議申し立てとか陳述書とか出してきて、今度はこちらが審判に進むに進めない

ことはないのでしょうか?

また、審判の申立書は、裁判所の方が言われるように素人にも書けるものなのでしょうか?

相手が逃げ回ってますので、調停にまずは引きずり出すために、先先戦略を練っています。

離婚協議書がありますので、それが最大の武器です。(細かいことは書けませんが)

相手側に揺さぶりをかけていく上で、かなりの頭脳疲労を起こしています。

逃げれば逃げるほど、恐ろしい結末が待っていると、相手側が悟ったら根負けする可能性はあります。

メンタルな部分が大きいですし、弁護士はつけません。要らないです。たまに相談に行くくらいです。

私は女性ですし、身体的なハンディキャップを持ってますが、腹をくくってやっています。

証拠主義の審判に行くために、証拠書類も集め始めました。

長くなりましたが、不調→審判、特に審判について裁判所の方の説明で大体間違いないか、教えて頂ければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

   湘南地方で離婚相談や離婚協議書の作成をしてます行政書士のSHONAN SOLICITORと申します。

 

  離婚の場合はおっしゃるとおり、調停前置主義で、まずは必ず調停をやらなければならないのはご存知のとおりです。

 

  調停は相手が欠席したり、話合いがつかなかった場合は、「不調」と言って調停は不成立になります。

 

  「今度は審判に進むつもりです。」と書いてありますが、仮に裁判所が「審判離婚」を考えてくれているなら審判になるのではないでしょうか。

  「裁判所の方の説明では、審判は図書館に本がありますし、普通の人でも書けますよとの説明を受けました。本当でしょうか?」とありますが。

 

  裁判所がそのように言ったのでしたら、分からないところは裁判所の方におたずねになれば教えてくれると思います。  

 

  どうしても無理な場合は、弁護士さんに依頼すれば良いと思います。

  「審判の異議申し立ては、2週間以内に出来る」なども法律に書いてあることなので正しいです。

  「審判(裁判)ですから、証拠主義により、裁判官の権限で相手側及び、私の調査もされると聞きました。」  これも正しい内容です。

   書いてあることは概ね正しいです。 今後、分からない事は裁判所にお尋ねになるか、市役所・区役所の無料法律相談や「法テラス」などを利用してみると良いと思います。

 

  または、JUST ANSWERをご利用なられれば良いと思います。大変でしょうが、頑張って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  参考になりましたら「承諾」をお願い致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

実は、もう離婚は6年も前のことで、何故に今なのかは割愛します。

 

離婚は成立していますので、「仮に裁判所が審判離婚を考えてくれているのなら~」

 

は、離婚する時の話で、離婚後紛争調停ですから、その調停が不調になった場合、

 

審判の申し立ては裁判所の判断で、また内容により受理、または受理しないということになってくるのでしょうか?

それが、一番の切り札ですので、そこのところをもう一度教えて頂けると助かります。

それと、相手側が審判を、なんだかんださせないことも考えられますか?

一応、元気に働いている普通のサラリーマンです。

 

もう他人ですから、いきなりの民事訴訟も出来ると思いますが、

 

お金で解決できる問題ではありませんし、それは全く考えていません。

 

弁護士先生も、当てにならず、自分でネットで探したくらいの調停です。

 

こんなもの、あるとは一般人は知りませんから。また相談に言った時、

 

教えてもくれませんでした。しかも田舎で、弁護士過疎で・・・

 

近くアポは取ってますが、依頼はしてませんし、裁判所の方がよほどあてになったりします。

 

とりあえず、上記の質問、回答、恐れ入りますが、宜しくお願いします。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  審判事件は,甲類事件と乙類事件に分かれています。 貴方の事件は乙類事件です。

 

  乙類事件には,親権者の変更,養育料の請求,婚姻費用の分担,遺産分割などがあります。

 

  これらの乙類事件は当事者間に争いのある事件であることから,第一次的には当事者間の話合いによる自主的な解決が期待され,審判によるほか,調停でも扱われます。

 

  乙類事件は,通常最初に調停として申し立てられ,話合いがつかずに調停が成立しなかった場合には,審判手続に移り,審判によって結論が示されることになります。

  また,当事者が審判を申し立てても,裁判官がまず話合いによって解決を図る方がよいと判断した場合には,調停による解決を試みることもできることになっています

 

   審判の手続き  審判事件については,家事審判官が,当事者から提出された書類や家庭裁判所調査官が行った調査の結果等種々の資料に基づいて判断し決定します。


 そして,この決定(「審判」)に不服があるときは,2週間以内に不服の申立てをすることにより,高等裁判所に再審理をしてもらうこともできます(ただし,不服の申立てができる事件は法律や規則によって決められていますので,全部の事件について不服の申立てができるわけではありません。)。


 不服の申立てをしないで2週間が過ぎた場合や高等裁判所で不服申立てが認められなかった場合には審判は確定します。

 

  審判の効力ですが、審判の内容に従い、金銭の支払いや戸籍の届出が出来るようになります。

 

 さらに,支払の義務がある人がこれに応じない場合は,地方裁判所で強制執行の手続をとることもできます。

 

  審判は家事審判官(裁判官)が、イニシアチブをもって決定するものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  参考になりましたら「承諾」をお願いします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

すぐにでも承諾をクリックしたいところでございますが、

 

くどくてすみません。

 

一点だけ質問させて下さい。

 

相手側は、まず逃げること(出廷しないこと)しか頭にありません。

 

で、調停が始まっても不調。

 

次に審判の申し立てを私がして、

 

更に裁判官の判断で、まずは話し合いが妥当となった場合、

 

また調停。それでも、相手が出て来ない場合、裁判所から

 

「もうこの話は、諦めなさい」となるのでしょうか?

 

また、審判の申し立てをして、まずは話し合いと判断されて、

 

相手に呼び出しを掛けて頂いても、相手側は無視する権利があるのですか?

 

審判の場合、まずは話し合い・・・にも相手が望まないなら

 

裁判官が強制的に、相手を呼び出す権利があり、絶対に相手は出て来なければ

ならないのでしょうか?(これまでの経緯から、審判となれば

 

話が早くて楽ですが)

 

何か、堂々巡りで、時間の無駄のような気がします。(個人的には)

 

裁判官の判断でしょうが、審判の申し立て→まずは話し合いで・・・は、相手側が

 

出て来ないのに、話し合いも何もありません。

 

そこで、あくまでも裁判官の判断ですが、「これは話し合うに話し合えない、では審判」と

 

なったりもするのでしょうか?

 

先先考えて不安になったり、また一般人がもつ常識では、出廷(話し合い)に望まないから、やりたくない審判を申し立てるのに、また「話し合い」では矛盾を感じます。

 

大変恐縮ですが、教えて下さい。

 

また、最悪のシナリオ、審判の申し立ての不受理ということもあり得るのですか?

宜しくお願い申し上げます。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

担当した家事審判官(裁判官)がお決めになることなので、第三者である私が云々出来る事ではありませんが。

 

  審判による決定がが相当と考えた場合は、審判官が結論を出すと思います。(因みに、当職は行政書士ですが、裁判所に勤務したことはありませんが、裁判所事務官試験には合格しております。)

 

  

shonansolicitorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問