JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

はじめまして。高2と中一のこどもがいます。離婚をしたときにこどもが不利になることを教えてください。たとえば就職ができ

解決済みの質問:

はじめまして。高2と中一のこどもがいます。離婚をしたときにこどもが不利になることを教えてください。たとえば就職ができない業種がある、などです。

よろしくおねがいします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  お子様の氏と戸籍の問題は慎重に決めた方が良いと思います。

 

  お子様がご主人の氏を名乗っておる場合、戸籍もご主人の戸籍に入っています。離婚しても変わりません。

 

  貴方は旧姓に復氏するのが原則ですが、婚姻中の氏を名乗ることも出来ます。

 

  お子様が貴方の旧姓を名乗るには、家庭裁判所の許可が必要です。これは特別な措置ですから、再度、ご主人の氏にすることは難しくなります。

 

  なお、同じ氏でないと同一の戸籍にははいれません。

 

  どちらの氏にするかは慎重にした方が良いでしょう。 職業は「表立って」片親だからなれないとしているものは職業はありません。

 

  実際には、実家の資力を担保として考えている職業はなくはないと考えられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  参考になりましたら「承諾」をお願い致します。

shonansolicitorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問