JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

結婚1年目です。 子供はいません。結婚する前から 相手の家族と揉めていて きらわれたままの結婚でした。それでも旦那を

質問者の質問

結婚1年目です。 子供はいません。結婚する前から 相手の家族と揉めていて きらわれたままの結婚でした。それでも旦那を信じついて行こうと思いました。
旦那には結婚する前から 親子ロー ンで家を買っており 今は旦那の名義で 義姉夫婦 姑が住んでいます。
支払いは 相手が払っています。
私は名義をちゃんとしてほしいだけやのに、あんたには関係ないなど、すぐ旦那に離婚を進めたり、とにかく私からすれば やりたい放題、言いたい放題です。
旦那は味方にはならず、相手の家族と一緒になって、文句を言うだけで、頼りになりません。
結婚するとき、旦那が自分の家族にあいさつは、しなくていいというので、してないまま結婚したんですが、それも私が悪く思われ、いろいろ言われました。旦那家族からは、祝いも何もありません。私もことが事だから、それはそれでいいと思っていましたが、言われようのない、何もかも私が責められ、悪者です。
今まで、耐えてきましたが、もう、精神的に辛いです。離婚を考えてます。
旦那 旦那家族に 精神的苦痛で慰謝料はとれますか?
後、旦那と夜の行為も ほとんどなく ほぼセックスレスで 不満でした。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

思い描いた結婚生活を裏切られた思い、お察しいたします。

正当な理由のない性交渉拒否についての判例を紹介します。

 

夫がポルノ雑誌に異常な関心を示して自慰行為にふけり、妻が性交渉を求めたのに拒否したことなどについて、夫に対して慰謝料500万円を認めた。

(浦和地裁判、昭和60、9,10、判タ614号、104項)

 

夫は新婚旅行中から妻の身体に一切触れようとせず、性交渉が皆無で、新婚1か月半で妻が肉体的・身体的に疲れ切って実家に帰ったという事案で、夫について慰謝料100万円を認めた。

(横浜地裁判昭和61、10,6、判時1238号116項)

 

夫が性交渉に無関心で、交渉の無いまま、婚姻して1か月足らずで別居、離婚した事案で、妻は結婚退職し別居後再就職したが、以前の3分の1以下の収入しかなく、これまでの貯金なども婚姻費用として450万円弱消費していたことから、500万円の慰謝料を認めた。

(財産分与はなし、京都地裁判平成2,6,14判時1372号123項)

 

などがあります。

 

また、いじめの例として。

 

姑が妻をいじめている場合に、夫はこの障害を取り除いて円満を図るべきだとして、1年で破たんしたが、夫の5か月分の収入にあたる10万円の慰謝料を認めた。(名古屋地裁岡崎支部昭和43,1,29判時515号74項)があります。

 

夫が自分の親族と妻との間に立って仲を取り持つなどの努力をせず、円満な夫婦関係を取り戻す努力が認められないような場合には、「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)があるとして、離婚原因となり得ます。

 

相手親への慰謝料請求についてですが。

 

離婚の慰謝料は、通常は配偶者に対してしか請求できず、相手の親や兄弟などに対しては請求できません。

 

しかし、夫の親や兄弟などが、妻をいじめるなどして、それが原因で離婚に至ったような場合には、相手の親や兄弟への慰謝料請求が認められることもあります。

 

相手の親への慰謝料請求を認めた裁判例としては、

 

夫の両親の反対を押し切って結婚した妻に対して、夫の両親が、夫婦の家に泊まり続けたり、妻の衣類を勝手に妻の実家に送ってしまうなどの嫌がらせをしました。これが原因で夫婦は別居してしまいました。妻から夫の両親に対して慰謝料の支払いを求める裁判が起こされ、裁判所は夫の両親に240万円を支払う判決を出しました。

(神戸地方裁判所平成10、11、10)


などがあります。

 

お嫁さんに対するいじめがひどい場合には慰謝料請求が認められると考えられます。

 

協議離婚あるいは調停での離婚はあくまでも話し合いであって、誰かが判決を下すものではありません。

 

旦那さんの含めて、相手方家族は、かなり常識から外れた思考の持ち主であるように思います。

 

「請求できる」ということと「実際に慰謝料が認められる」ということと「実際にお金を得る」ということは、それぞれ意味が違います。

 

どんなにひどい仕打ちを受けていても、相手がすんなり事実と非を認めて慰謝料の支払いに応じてくれればよいですが、そう行かない場合も大いにあります。

 

相談者様といたしましては、相手方から相談者様へのいろいろないじめや暴言などの事実の証拠を確保しつつ、専門家のアドバイスを受けながら離婚協議に進めたほうが良いと思います。

 

相談者様にとって良い方向に進むことを願っています。

 

以上、お答えします。

sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問