JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

親権は母親なんですが、実際育ててるのは祖父母で子とも会っていません。実の父親が毎週子供と会い、養育費として父親が毎月

解決済みの質問:

親権は母親なんですが、実際育ててるのは祖父母で子とも会っていません。実の父親が毎週子供と会い、養育費として父親が毎月祖父母に渡しています。親権を父親にすることは難しいでしょうか?ちなみに養育していない母親に親権を交代してほしいと言うと断られました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

ご相談されている「親権の変更」とは、併せて子供を父親が引き取り一緒に暮らすことを望まれているということでしょうか?

 

お子さんはいくつでしょうか?

 

お子さんの年齢が10歳を超えてくると裁判所では子供の意向も考慮の要素として重視します。

 

お子さんが15歳以上であれば、基本的には子供の意向を尊重します。

 

養育している祖父母は父親が親権をもって育てることについては同意あるいは理解を示しているのでしょうか?

 

祖父母が好意的であるなら、定期的に父親との宿泊を含む交流の機会を持つようにして監護養育の実績を積んでいってはどうでしょうか?

 

親権の変更は、父母の間で合意がある場合でも家庭裁判所の調停・審判を経なければいけないことになっています。

 

最終判断は裁判官の自由裁量にゆだねられています。

 

変更が認められるためには「著しい事情の変更」あるいは「子の利益のためになること」が認められる必要があります。

 

当初は母親が監護養育することを前提として母親に親権を認めたのにも関わらず、実際には祖父母に養育を任せて母親としての養育を行っていないことを裁判所がどのように判断するかは裁判官次第と言えますが、現状、祖父母のもとで育てられている養育環境を変えて実の父親のもとで暮らすことが子の福祉に叶っていると判断されることは大いにあると思います。

 

お子さんと一緒に暮らしていた時に子供との関係でトラブルなどがなく、祖父母の方が父親のもとで生活することに理解を示してくれるのであれば、非常に有利であると思います。

 

以上、お答えします。

 

不足がありましたら返信でご質問ください。

sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問