JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

結婚21年目、50歳で中学生の子あり。夫が6年前より特定の既婚女性と不倫関係を続けていました。その前は不特定の女性と

解決済みの質問:

結婚21年目、50歳で中学生の子あり。夫が6年前より特定の既婚女性と不倫関係を続けていました。その前は不特定の女性と関係を持っていたそうです。4~5年前より気づいていましたが帰ってくる思い待っていました。この夏あまりにも頻繁に会っていることが分かり、私が耐えられず逆上してどうするか決めるように突きつけました。一応別れて帰ってきたのですが、子の母親としてしか見れないといわれ、とても惨めな気持ちのまま1カ月過ぎたのですが、私の気持ちが不安定で感情のコントロールができずにおり、子供にも影響が出てくると言われ 、夫より離婚を考えてると言われました。私はそんな裏切り行為をしてきた夫ですが愛しています。子供と一緒に過ごしていきたいと言っているのですが、夫は固執されるのが嫌だと言います。話し合おうとすると、考え方の違いや、生き方が違うということになり修復の方向にはむいて行きません。どのように話し合いを持っていったら、修復できるのできるのでしょうか。別れる方向にだけはしたくないのですが・・・・別れずに済む方法はないのでしょううか?別れたら共同名義のローンがありすべて夫に名義変更をして私のローン負担をなくし、私が家を出る方法を考えているようです。明日話をする予定です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.
こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

別れないようにすることをお考えなら、相談者様が旦那さんに対し今までの不倫について一切ふれないことだと思います。

旦那さんの不倫の証拠は確保されていますか?

旦那さんが不貞をしたのなら、有責配偶者となり、有責配偶者からの離婚請求は裁判においてもそう簡単には認められません。

1、婚姻期間における相当な期間の別居

2、未成熟子のいないこと

3、配偶者が離婚により精神的、社会的、経済的にきわめて過酷な状態の置かれるなど、離婚を認めることが社会正義に反するような特段の事情が認められないこと。

以上の3要件を満たすことが必要と言われています。

法的にはそのようなことですが、


婚姻を継続することを望むのであれば、相手を責めないで毎日笑顔で接するのが一番であると思います。

帰りやすい場所があれば帰ってくるようになると思います。

続けていれば、いずれ旦那様も過去の過ちを振り返って相談者様に感謝するときが来ると思います。

以上、参考になりましたら幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

 

証拠は確保しています。できれば使用しないで済ませたいと思っていますが、

夫は自然体で生きていきたいようです。

因みに法的に手続きをする際には,どのように進めていったらよいのでしょうか?

 

また、修復が不可能で会った場合、どのように対応していったらよいのでしょうか?私の家賃をしばらく提供するとまで言っているのですが、私は何をすべきでしょうか。

明日話し合いをする予定になっています。

 

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

法的にできることとしては、浮気相手と旦那さんに対して慰謝料を請求することです。

 

これは離婚する離婚しないに関わらず出来ます。

 

交際相手に対して交際の中止を求めることもできます。

 

慰謝料については証拠があるなら裁判でも認められる可能性は高いと思います。

 

離婚を決意された場合は、不貞を離婚原因として夫に離婚請求できます。

不貞行為は民法770条に定められた法定離婚原因ですので、証拠があるなら裁判でも離婚が認められる可能性は高いでしょう。

 

離婚協議は原則として家庭裁判所の離婚調停を経なければいけない決まりになっています。

 

調停前置主義といいます。

 

ですので、話し合いで離婚協議が整わないときは、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて調停委員会を交えて話し合うことになります。

 

不貞の証拠が確保されているなら、相談者様が不利になるようなことは無いと思いますので、希望される離婚条件を提示されたら良いと思います。

 

養育費、財産分与、慰謝料、子供との面会など決めることはいろいろあります。

 

急ぐ理由、事情がないなら、落ち着いて条件を詰めていったらよいと思います。

 

sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問