JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

はじめまして 今、離婚裁判中で悩んでいる者です 私(夫 被告) 相手側(妻 原告)からの離婚訴訟です 要求は慰

解決済みの質問:

はじめまして
今、離婚裁判中で悩んでいる者です
私(夫 被告) 相手側(妻 原告)からの離婚訴訟です
要求は慰謝料300万・親権・財産分与として婚姻中の学資保険(全額約100万を要求されてます)
また同時に婚姻費用の調停も申し立てられてます(2月末に申し立て)
既 に2人いる子供は相手側に監護権を剥奪されており、親権もあきらめていますが納得がいかないのは慰謝料と財産分与の学資保険です
相手側から第一回目の口頭弁論より和解を要求してきており、条件として慰謝料100万と学資保険全額と親権・養育費を提示してきています
養育費のついては支払うべきものだと思っておりますが、自ら出ていった妻、その際に私からの援助はいらないと豪語してでていった妻なのに今さら慰謝料を請求されるのは不可解なことです
また、財産分与として学資保険のことを提示してきているのに全額を要求されるのも理解し難くその点を私の弁護人に話、私側の事情も話しても借金してでも慰謝料を支払い、学資保険も全額支払って早く解決するように促されています
離婚理由としては性格の不一致だと思っておりましたが妻側が提示した離婚理由は嘘の暴力事・借金・家事育児に協力しなかった事と次々と嘘を並べられ、私の弁護士も最初の話とは食い違った回答をしています

今回の事件について和解するならどこまで妻の要求したほうがいいのか他の先生方のご意見を聞きたく投稿しました
無知な上に素人なので私の弁護士と相手の弁護士を納得させるような交渉をしていきたいと思ってますので何卒よろしくお願いします
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shonansolicitor 返答済み 6 年 前.

  (養育費は法律上の義務ですが。)財産分与として学資保険を全額差し上げて、更に慰謝料まで必要はないだろうという貴方の主張は、私は十分理解出来ますし、納得もできます。

 

  文面からは不貞行為やDVなどの事実は読み取れず、慰謝料云々は正直、私も理解に苦しみます。(「嘘の暴力事」とありますが、DVがあったと認定されてしまったのでしょうか?)

 

  具体的状況を知らず、貴方の文面だけからしか判断出来ませんが、貴方のおっしゃっている事が全て事実だとすると、貴方の主張が正論のようにしか私には聞こえません。

 

  尤も、貴方も裁判を早く終結したいのなら、貴方の代理人がおっしゃっているのも一理ありますが。。。(早く終わらせたいのは、文面からは貴方の代理人や相手の代理人のようにも感じました。)

 

  相手の代理人の考えを変えるというのは、貴方にとって大変有利な証拠でも出てこないと難しいと思います。相手の代理人は、相手に有利になるように行動し、相手から成功報酬を貰うわけですから。

 

  貴方の代理人と貴方の考えに食い違いがあるのが、ある意味問題だと思います。貴方の代理人は貴方の代弁をするために貴方が頼んだわけですから。

 

  素人の貴方が、貴方の代理人の「考え方」を変えさせるのも難しいと思います。従ってそもそも、貴方の代理人自体をチェンジするという方法が、現実的には一番有効だと思います。(再度、着手金が発生する点が問題といえば問題ですが)。

 

  離婚訴訟に限ったことではないですが、何事も「丸投げ」したら、相手(代理人)に足元をみられます。まずは、代理人に貴方という人間を認めさせることが肝要だと思います。

 

  (ところで、この離婚訴訟ですが、不貞もDVもないのに裁判所が相手の訴えを受理したのはどのような理由なのか、その点を知りたいと思いました。。(「嘘の暴力事」その他が決め手になってしまったのでしょうか。。。)

 

  ご参考になりましたら、「承認」を押して下さいませ。

 

shonansolicitorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問