JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

妻が子供を連れて出て行ってしまいました。 どちらも親権をほしく調停離婚になると思われます。 子供は2人いて上の子

質問者の質問

妻が子供を連れて出て行ってしまいました。
どちらも親権をほしく調停離婚になると思われます。
子供は2人いて上の子供は妻の連れ子です。
親権は取れますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。

 

奥様が別居を強行した理由はどのようなことなのでしょうか?

 

修復することは困難ですか?

 

お子様の年齢にもよりますが、基本的には10歳以上の子供の意向はそれなりに尊重されることになります。

 

お子さんに対して母親が虐待や育児放棄をしているようなケースがない場合、親権については母親の方が有利です。

 

お酒を飲んでいるときに暴れているようですが、そのことで子供の身に危険が及ぶようなことがあったのなら、申告すべきと思います。

 

今後、離婚調停までにできることとしては、家庭裁判所に子の監護の指定調停・子の引渡し調停を申し立てて、子供を監護する意思、連れ去られた現状を容認していない姿勢を行動として表わすべきと思います。

 

一般論的としては以下のような要素を考慮するというものがあります

母性優先、現状の尊重、兄弟姉妹不分離 のほかに

 

<父母側の事情>

 1 監護能力や意欲

 2 精神的・経済的家庭環境(資産、収入、職業、住居、生活態度)

 3 居住・教育環境

 4 子に対する愛情

 5 従来の監護状況

 6 親族等の援助・支援の可能性など

<子の側の事情>

 1 子の年齢、性別

 2 兄弟姉妹の関係

 3 心身の発育状況

 4 従来の環境への適応状況

 5 環境の変化への適応性

 6 子の意向など

 

これらの要素を比較衡量して結論を導くとしています。

子供の年齢が15歳以上の場合は、子供の意向を尊重されます

 

親権監護権を得て子供と離婚後も住む希望があるのであれば、 慎重に十分に対策を立てて行動されてください。

 

友人知人の紹介や法テラスなどを利用し、弁護士のアドバイスを受けながら対処してください。

 

わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点不足する点などありましたら、「承諾」せずに、お気軽にご返信ください。

 

 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問