JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

子供なしの夫婦です。 私が会社を辞めたことが原因で離婚となります。 お互い浮気等はありません。 現在貯金が300万円

解決済みの質問:

子供なしの夫婦です。 私が会社を辞めたことが原因で離婚となります。 お互い浮気等はありません。 現在貯金が300万円ですが、5年前にマンションを購入した際に、妻が親から300万円を借りて家具・電化製品を買い替えております。 離婚後は私がマンションに残り、残り15年のローンを支払い、妻は実家に帰ります。 妻は貯金を全て持っていきたい意向ですが、私も貯金0円では困ると考えております。 このようなケースではどのようにするのがベターでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

家具家電はどうなるのですか?

すべてマンションに残って、相談者様が継続して使うのですか?

 

家具家電のお金も相談者様が返済を行うのですか?

 

マンションは、今売却する場合、残債務よりも売却して得るお金の方が少ないですか?

 

その辺がわからないと、お答えが難しいです。

 



-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

質問が判りにくく申し訳ございません。 妻の意向は貯金すべてもらえばあとはいらないという主張ですが、私はそれでは不公平ではないかと思っており相談に至っております。

家具家電も折半、貯金も借金も折半というのが公平だと思うのですが、違うのでしょうか。

 

私の主張は、家具家電の1/3を渡して、貯金を100万円残してくれれば納得しようと思いますが、それではおかしいのでしょうか?

 

マンションは今売却すれば概ね債務は無くなると思います。

ちなみに私の年収は900万、妻の年収は300万でした。

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

家具、家電の価値は年々下がります。

 

マンションが資産価値としてプラマイゼロということですね。

 

家具家電は、時価額で積算して現在の価値を出して現金とあわせて折半が望ましいと思います。

ほかに保険の積立などの分与の対象となる財産がないなら、、。

 

仮に、家具家電の価値が時価で120万とすると、

 

3分の1の価値は40万円。

現金を100万貰って、家具家電が80万残ると、合計180万円

現金200万円貰って、家具家電を40万貰うと、合計240万円

 

半分なら、420万÷2=210万円

 

新しい生活を始める奥様も不足の身の周り品を新たにそろえたり、名義の書き換えなどにある程度の費用と手間が掛かることを考慮しても、ご提案の内容でも奥様にとってはお得な提案でしょうから悪くないと思います。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答いただいた内容から、資産は半々ということでよいかと思うのですが、妻の親から借りた300万も折半で返済という考えで良いのですか?

 

また現状私も会社を辞めたばかりであり、貯金の300万すべてを返済で持っていかれても困るということがあります。それでとりあえず100万は残してもらい、後に返済する考えなのですが、それは間違った主張になりますか?

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

奥様の親から借りた300万円は、折半で返す提案で良いと思います。

 

現金がある方が安心という思いは理解できます。

 

奥様の親に分割での返済を申し出て受け入れてもらえれば望ましいですね。

 

特に間違った提案ではないと思います。

sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問