JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

25 2 15

質問者の質問

離婚した元主人から、結婚当時、私と子供との生活のために毎月25万円の仕送りがあったのですが、子供と2人なら毎月15万円もあれば十分だったとして、10数年に及ぶ結婚期間の費用の清算として、約1500万円ほど財産分割を請求する家事調停が申し立てられました。

これ に対して、中学生の子供の養育費や慰謝料や年金分割を求めたいのですが、これはこれで、養育費や財産分割を求める家事調停を、こちらから申し立てないと請求できないのでしょうか。

相手からの家事調停申し立てに対する回答書で訴えても、こちらから請求を求めていることにはならないのでしょうか?

ご多忙とは、存じますが、よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

養育費の調停も、年金分割の調停も、慰謝料の調停も、請求するならあなたの方から個別の事件として同時に申し立てたほうが良いです。

 

調停は申し立てた側によっていつでも自由に取り下げることが出来ます。

 

元夫から申し立てられた財産分与の調停の中で、養育費や慰謝料について話し合うことが出来たとしても、途中で何も決まらないまま取り下げられたらそれまでです。

 

年金分割、養育費、財産分与は、調停が個別に不成立になった場合でも、審判に移行して一切の事情を考慮して、審判が出されます。

 

一度、最寄りの家庭裁判所に手続きの相談に行かれると良いと思います。

 

調停に行かれる際は、しっかりと準備をして臨んでください。

 

以上、お答えいたします。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問