JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

離婚しようとしています。既に夫は家を出て行きました。小学生以下の子供が4人おり(全員私と一緒に暮らしています)、私は

解決済みの質問:

離婚しようとしています。既に夫は家を出て行きました。小学生以下の子供が4人おり(全員私と一緒に暮らしています)、私は夫が家を出 る少し前に体調不良で仕事を辞めた為、現在求職中です。持ち家はローンも含め夫名義で、現在わたしと子供がそこに住んでいます。夫は養育費として毎月15万円(住宅ローン7万円弱を含む)を支払うと言い、毎月口座に入金されてはいます。ただ、今現在離婚届は未提出ですので、今もらっているのは婚姻費用ではないかと思うのですがいかがでしょうか?また、婚姻費用・養育費に住宅ローンは含まれて当然なんでしょうか?婚姻費用はまだしも、養育費は「子供に支払うべき費用」と思っていたので、いくら子供達が住んでいる住居の費用とはいえ、養育費とは切り離すべきものではないのでしょうか?回答をお待ちしておりますのでよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

婚姻費用には、別居中の配偶者とお子さんの生活費・扶養料が含まれることになります。

 

養育費は子供を扶養するために費用です。

 

義務者である旦那様の収入と権利者である相談者様の収入をもとに養育費を求めた場合、養育費の目安は17万円ほどになります。

 

婚姻費用は18万円ほどが目安になります。

 

権利者(相談者様とお子様)が居住する居宅の住宅ローンを義務者(旦那様)が支払う場合、求められた婚姻費用の額あるいは養育費の額には住宅ローンの支払額も加えた額と考えられています。

 

18万円を婚姻費用の額とした場合、18万円には住宅ローンの費用も含めた額で妥当ということになります。

 

夫の家の住宅ローンと考えると受け入れがたいと思うかもしれませんが、これが母子が住む賃貸マンションの家賃と考えるとわかりやすいのではないでしょうか?

 

実家に戻る場合をのぞけば、どこに住んでも家賃はかかります。

賃貸に母子で住めば、旦那さんから支払われる養育費なり婚姻費用にご自身の収入を合わせた生活費の中から賃貸料金を支払うこととおもいます。

 

なので、目安となる養育費や婚姻費用のほかに住宅ローンの支払いを旦那さんに負担を強いることは基本的には難しいです。

 

住宅ローンの額が通常考えられる賃貸料金よりも過大な場合は調整する必要はあります。

 

幸いにして相談者さまの正しい判断により、正式にはまだ何も決まっていないようですから、弁護士などの専門職にアドバイスを受けながら離婚の条件について旦那さんと話し合って執行認諾文言の付いた公正証書にまとめてもよいでしょうし、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて調停委員会を交えて条件について話し合う方法もあるかと思います。

 

今後今のお住まいには引き続きお子さんが大きくなるまで住む予定でしょうか?

住宅ローン完済後に家を名義変更してもらう約束になっているのでしょうか?

それとも時期を見て引っ越しする予定でしょうか?

 

慰謝料、財産分与、子供との交流、入学進学の一時金、病気時の費用負担など、いろいろな条件を丁寧に確認する必要があると思います。

 

当事者が合意するなら少々基本から離れる合意でもおかしくありません。

 

旦那様の収入も多めで、お子様も多くいらっしゃいます。

養育費の額も相当な額になると思いますので、法テラスなどの無料法律相談なども有効に利用してお子さんのためにも、後悔しないような納得できる話し合いをしてください。

 

今まで同様、今後も、丁寧に落ち着いて交渉を進めてください。

 

離婚原因などがわかりませんので、一般的なお答えになりましたが、

 

以上、お答えいたします。

 

お役に立ちましたら幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。

今の住まい(夫名義の持ち家)で、おそらくずっと暮らしていく予定です。

名義については、子供が成人した時に、子供の名義に変更するとの事です。

ただ、現在長女が11歳、末っ子は4歳で、住宅ローンは残り28年程あり、回答の中で

説明下さったように「養育費に住宅ローンは含まれる」の定義に基づいて考えると、

長女が成人した時点では完済できていないにも関わらず名義は娘へ→娘に債務が?

また、末っ子が成人した時点でも、繰上げ返済を行わない限りローンは残っています。

末っ子が成人した時点で養育費の支払い義務は無くなるんですよね?(話し合いにより大学卒業の22歳を期限とする事もあるのは知っています)残債については夫には何の責任も無いということでしょうか?

 

離婚に理由については双方意見が異なっております。

私は何年も前から数回にわたりDVを受けており、その都度離婚を申し入れましたが、

もう絶対にしないとその場しのぎの謝罪で我慢してきました。今春、またDVを受け、

今度こそは離婚しようと子供達を連れ実姉宅へ避難しており、話し合いの為帰宅したところ

身に覚えの無い不貞行為を理由に夫から離婚を言い渡されました。

証拠だと言い見せられたのは、私の携帯から黙ってコピーした画像で、お恥ずかしながら

酔って他の男性にキスをしているものでした。その男性とはそれ以上の何の関係もありません。もちろん夫にもそう説明しましたが何を言っても耳を貸さず、あげく黒いアザができている私の顔を見ても謝罪の言葉ひとつありませんでした。(※当時私は求職中で、そのアザが完全に消えるまでの数ヶ月面接ひとつ受ける事ができませんでした。)

ですので離婚原因は

私・・・DV

夫・・・妻の不貞行為

となります。

こういった場合、慰謝料については双方合意は考えがたいと思われますが、どうするべきでしょうか?

財産分与については双方の話し合いでほぼ完了しています。

面接交渉権は夫が年1回を希望していますが、その他の条件で何一つ譲歩してもらって

いないので簡単に承諾し難く、まだ保留にしています。

病気や事故などの入院、受験・入学などの費用については、養育費とは別途での支払い

協議に応じると言っています。(具体的に全体の費用の何%を夫が負担する、というように

決めた方が良いのでしょうか?)

回答文の中に「弁護士など専門家に相談」とありましたが、費用面で余裕がないので無理だと思います。

 

長文で申し訳ありませんが、詳細はおわかり頂けましたでしょうか?

再度のより詳しい回答をお待ちしております。

 

当方パソコンの不調により、定期的なメールなどのチェックが難しい状況です。

できるだけ頻繁に確認するようにしていますが、返答が遅くなり申し訳ありませんでした。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。

今の住まい(夫名義の持ち家)で、おそらくずっと暮らしていく予定です。

名義については、子供が成人した時に、子供の名義に変更するとの事です。

ただ、現在長女が11歳、末っ子は4歳で、住宅ローンは残り28年程あり、回答の中で

説明下さったように「養育費に住宅ローンは含まれる」の定義に基づいて考えると、

長女が成人した時点では完済できていないにも関わらず名義は娘へ→娘に債務が?

また、末っ子が成人した時点でも、繰上げ返済を行わない限りローンは残っています。

末っ子が成人した時点で養育費の支払い義務は無くなるんですよね?(話し合いにより大学卒業の22歳を期限とする事もあるのは知っています)残債については夫には何の責任も無いということでしょうか?

 

離婚に理由については双方意見が異なっております。

私は何年も前から数回にわたりDVを受けており、その都度離婚を申し入れましたが、

もう絶対にしないとその場しのぎの謝罪で我慢してきました。今春、またDVを受け、

今度こそは離婚しようと子供達を連れ実姉宅へ避難しており、話し合いの為帰宅したところ

身に覚えの無い不貞行為を理由に夫から離婚を言い渡されました。

証拠だと言い見せられたのは、私の携帯から黙ってコピーした画像で、お恥ずかしながら

酔って他の男性にキスをしているものでした。その男性とはそれ以上の何の関係もありません。もちろん夫にもそう説明しましたが何を言っても耳を貸さず、あげく黒いアザができている私の顔を見ても謝罪の言葉ひとつありませんでした。(※当時私は求職中で、そのアザが完全に消えるまでの数ヶ月面接ひとつ受ける事ができませんでした。)

ですので離婚原因は

私・・・DV

夫・・・妻の不貞行為

となります。

こういった場合、慰謝料については双方合意は考えがたいと思われますが、どうするべきでしょうか?

財産分与については双方の話し合いでほぼ完了しています。

面接交渉権は夫が年1回を希望していますが、その他の条件で何一つ譲歩してもらって

いないので簡単に承諾し難く、まだ保留にしています。

病気や事故などの入院、受験・入学などの費用については、養育費とは別途での支払い

協議に応じると言っています。(具体的に全体の費用の何%を夫が負担する、というように

決めた方が良いのでしょうか?)

回答文の中に「弁護士など専門家に相談」とありましたが、費用面で余裕がないので無理だと思います。

 

長文で申し訳ありませんが、詳細はおわかり頂けましたでしょうか?

再度のより詳しい回答をお待ちしております。

 

当方パソコンの不調により、定期的なメールなどのチェックが難しい状況です。

できるだけ頻繁に確認するようにしていますが、返答が遅くなり申し訳ありませんでした。

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

「財産分与については決まっている」と書かれていますが、マンションについては具体的にはどのように決まっているのですか?

 

マンションについては、養育費に含めない形で分与の話に入っているのですか?

 

そうであれば、養育費は養育費、マンションを含めた財産分与は財産分与として協議する必要があります。

 

マンションを完済後に子供の名義に変更するのも約束の一つですからそれで当事者が応じるなら構いません。

 

名義変更後も、旦那さんがローンの債務者として引き続きローンを払うこともできます。

 

通常、慰謝料の発生する不貞とは肉体的関係を持った場合になります。

 

今回のキスだけの写真で1枚では肉体関係を証明することは難しいと思います。

 

また、仮に疑われるような交際をあなたがしたからと言って、暴力を振るってよいことにはなりません。

 

本来なら夫の暴力だけが有責になります。

 

病気や事故、入進学については、協議に応じるだけにしておいた方が良いように思います。

 

夫が半分以上払ってくれるような好条件を提示してくるなら明示してもよいように思います。

 

最初の回答に書きましたが「法テラス」(司法支援センター)では同一の案件で3回まで弁護士による無料の法律相談を行っています。

 

相談料の費用は掛かりません。

 

以上、お答えします。

 

不足などがありましたら、引き続き返信でご質問ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。

 

マンションではなく一戸建てですが、当初「即座に名義を私(妻)に変更、ローン残は夫が

支払い続ける」という話でしたが、「融資元銀行、購入した不動産会社のローン担当者両者から、現状奥様への名義変更であれば、奥様への融資という形で再審査が必要になる。また、借入額と返済済み額の比率を考えると、転売も原則不可という回答だった」との言い分により、名義は子供が成人した時点で子供名義に変更すると申し入れられました。離婚による財産分与でも現時点で私の名義に変更できないんですね。まぁそういうわけで、居住権のみ得た、というところでしょうか。

 

病気や事故、入進学の件については、半分負担すると言っていたような気がしますが、半額でも明記は避けたほうが良いでしょうか?

 

できれば協議離婚で完結させたいのですが(DVに対する償いは何一つしてもらっていませんが、一刻も早く離婚したいので、極力調停に持ち込みたくないのです)、それでも法テラスへ相談すべきでしょうか?協議の際の助言などを頂けるという事でしょうか?

 

最後に、公正証書作成にあたって、夫の現住所が必要とな る為、公正証書の原案にその旨を記載したのですが、現住所欄が空白で返ってきました。家を出て行ってから今日に至るまで、すべての郵送物は会社の封筒を使用、会社の住所と自分の個人名を差出人欄に記載して送ってきているので、恐らく私に現住所を知られたくないのだと思います(ちなみにこちらから送るものがある時は夫の実兄宛に送るよう言われています)。公正証書に夫の現住所は必ず必要でしょうか(必要に決まっているとは思うのですが・・)?また、現住所を明かすのを頑なに拒まれた際に、どのような手段を講じればよいのでしょうか?

 

一刻も早く別れたいと言いながらも返答までに時間がかかった事をお詫び申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。

 

マンションではなく一戸建てですが、当初「即座に名義を私(妻)に変更、ローン残は夫が

支払い続ける」という話でしたが、「融資元銀行、購入した不動産会社のローン担当者両者から、現状奥様への名義変更であれば、奥様への融資という形で再審査が必要になる。また、借入額と返済済み額の比率を考えると、転売も原則不可という回答だった」との言い分により、名義は子供が成人した時点で子供名義に変更すると申し入れられました。離婚による財産分与でも現時点で私の名義に変更できないんですね。まぁそういうわけで、居住権のみ得た、というところでしょうか。

 

病気や事故、入進学の件については、半分負担すると言っていたような気がしますが、半額でも明記は避けたほうが良いでしょうか?

 

できれば協議離婚で完結させたいのですが(DVに対する償いは何一つしてもらっていませんが、一刻も早く離婚したいので、極力調停に持ち込みたくないのです)、それでも法テラスへ相談すべきでしょうか?協議の際の助言などを頂けるという事でしょうか?

 

最後に、公正証書作成にあたって、夫の現住所が必要となる為、公正証書の原案にその旨を記載したのですが、現住所欄が空白で返ってきました。 家を出て行ってから今日に至るまで、すべての郵送物は会社の封筒を使用、会社の住所と自分の個人名を差出人欄に記載して送ってきているので、恐らく私に現住所を知られたくないのだと思います(ちなみにこちらから送るものがある時は夫の実兄宛に送るよう言われています)。公正証書に夫の現住所は必ず必要でしょうか(必要に決まっているとは思うのですが・・)?また、現住所を明かすのを頑なに拒まれた際に、どのような手段を講じればよいのでしょうか?

 

一刻も早く別れたいと言いながらも返答までに時間がかかった事をお詫び申し上げます。

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

旦那さんは公正証書の作成に合意しているのですか?

 

公証人役場から直接旦那さんのもとに公正証書の原案と必要な添付書類について連絡してもらってはどうでしょうか?

 

役場から聞かれれば必要な情報を出すのでは?

 

子供の特別の費用について折半するというならそのように記載したらよいと思いますが、相手が嫌がるなら無理に書かなくてよいと思います。

 

書いていなかったとしてもその都度協議することは不可能ではありません。

 

法テラスでも無料の法律相談を受けることができます。

 

「受けるべき」ではなく「受けることで情報を得ることができますよ」という提案です。

 

無理にとは言いませんが専門家のお話をたくさん聞くことでいろいろ解決することも理解も増えると思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

 

公正証書作成については、離婚を言い出された時に私が出した条件であり、夫も了承済です。

ただ、少し調べたのですが、公証人役場で当事者が手続きをする為には、両人揃って赴く必要があると知りました。私は夫と顔を合わせるのが苦痛以外の何物でもありませんので、できれば行政書士へ代理人依頼を行いたいと考えております。

ですので公証人役場から夫へ連絡、という手段を講じるのは不可能になると思われますがいかがでしょうか?

 

また、公正証書作成にあたって、印鑑証明書や戸籍謄本が必要と知りました。実は私は外国籍(日系2世で特別永住権所有)で、印鑑証明書を持っておらず、戸籍謄本も自分自身で取得した経験がありません。ずいぶん前にパスポート取得の際に必要になった時は、親に取り寄せてもらったのですが、現在両親共に他界しており、また本国に私が連絡の取れる親類等がいない為、どうすれば良いのかもよくわかりません(領事館などに行けばよいのでしょうか?)。

※ちなみに、日本で婚姻届は提出しましたが、本国での婚姻手続き方法(必要書類など)がよくわからなかった為、本国では婚姻届は出していません。ですので今回の離婚に関して手続きが必要なのは日本でのみ、と解釈しておりますが、間違っておりますでしょうか?

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

代理を立てる場合でも、文案について必要な情報や文案の確認を公証人が取ることは可能です。

 

また、本人が出向く場合、印鑑証明も戸籍も不要です。

 

旦那さんが代理人を立てるなら旦那さんだけは印鑑証明が必要になります。

 

作成を予定している公証人役場に電話でいいので問い合わせして、事情をお話しして必要な書類について確認されれば実際に必要な書類を説明してくれますよ。

 

一度直接公証人役場に確認することをお勧めします。

 

本国に手続きされていないなら問題ないと思います。

一応念のため領事館あるいは大使館に確認されることをお勧めします。

sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問