JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

離婚調停中ですが、相手が離婚に応じません こちらには、女性と旅行に行った写真などがあるのですが、裁判になったときの

質問者の質問

離婚調停中ですが、相手が離婚に応じません
こちらには、女性と旅行に行った写真などがあるのですが、裁判になったときの切り札にと、まだその写真やこちらがその事実を知っていることを相手に伝えないほうがいいと伝えてないのですが・・・
こちらとしてはその事実をつきつけて調停で離婚成立をしたいと考えているのですが、裁判にしたほうがいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

「相手に伝えないほうが良い」というのは誰のアドバイスですか?

調停をお願いしている弁護士さんですか?

 

 

個人的な意見として述べさせていただくと、証拠そのものは具体的には明かさないで「浮気の事実を確認し、裁判でも有効な証拠もある」と調停で明かすことは問題ないように思います。

 

何も明かさないと相手は自分がどれくらい不利な状況なのかもわからないわけですから、永遠に応じないかもしれませんが、、不倫がばれていて裁判でも慰謝料取られるかもと思えば調停で応じる可能性もあるように思います。

 

調停を依頼している弁護士さんが、明かさないことを勧めているなら筋書きや戦略があると思いますので、直接確認されることをお勧めします。

sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

調停の方の意見でした

離婚に応じない理由は、愛情という問題ではなく嫌がらせです

離婚する=こちらの言いなりになる という考えで、相手の条件にこちらが応じると、それじゃなくこれという、次々に意見が変わってくるのです

初めから弁護士にお願いしているのですが、とても頼りなく思って・・・

明日 再度調停があるのでその前に自分でもできる限りの知識をもって臨みたいと思い質問させていただきました

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

調停委員の方が勧めたのですね。

 

相談者様が申立人となって離婚調停を申し立てされているとして、申立人側の離婚理由は何にしているのですか?

 

浮気ではなく、それ以外のことを離婚理由に挙げているのですか?

 

明日の調停の前に、弁護士さんともよく打ち合わせをされて、証拠を詳細に明かすのではなく、「不貞の事実と証拠の確保」、相手女性の身元もわかっているなら、「女性の身元も確認済み。」とまで旦那さんに告げることを検討されてはどうでしょうか?

 

「調停での離婚に応じないなら相手女性にも慰謝料を請求する。」と言えば相当追い込まれるように思うのですが。。。

 

調停委員の方々が、裁判にしたほうが相談者様にとって有利な条件で離婚できると考えて裁判になるように進めているのかまでは考えが及びません。

 

その辺も明日、調停委員にお考えを確認されてはいかがでしょうか?

 

弁護士さんはどのようにお考えなのかわかりませんが、裁判になれば相談者様の負担も増えると思います。

 

旦那さん及び不倫女性が慰謝料をたくさん払える人であれば裁判する値もあるかもしれませんが、それほど収入が豊かでなければ仮に判決を得ても実際の慰謝料を得ることは難しいかもしれません、そうなれば相談者様だけが追加の裁判費用と弁護士費用を支払うことにもなりかねません。

 

その辺の不安も弁護士さんと調停前の打ち合わせで告げて明日の調停に臨んでください。

 

 

※最初の回答に承諾いただいて申し込み当初のお支払がすでに発生しています。

 

この2回目の回答にさらに承諾されますと、さらに同額の支払いが発生します。

 

最初の承諾が誤りでしたら、この回答に承諾しないことで想定外の費用の発生を防ぐことが出来ますので、よくご理解のうえ、この回答に承諾を選択されるかご検討ください。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問