JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

中学生の頃に両親が離婚し、父親に引き取られました。現在21歳になり、専門学校へ行こうと思うのですが、父親との関係があ

質問者の質問

中学生の頃に両親が離婚し、父親に引き取られました。現在21歳になり、専門学校へ行こうと思うのですが、父親との関係があまり良く無く、学費を出してくれません。母親に親権をうつし、国の教育ローンを利用したいと考えているのですが、成人後の親権移動はどうすればいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

親権というのは成年に達しない未成年の子供の監護養育・財産管理をする義務・権利です。
子供が20歳になると、自動的に親権という概念はなくなります。

すでに相談者様の親権は消滅しています。


相談者様が20歳以降、母親と住むのか、父親と住むのか、1人暮らしをするのかは
相談者様の自由ということになります。

 

母親と住んで教育ローンを申し込むことについて父親に何かの手続きを踏む必要はありません。

 

お父様の戸籍から抜ける場合は、分籍届を出すことで、相談者様一人の新たな戸籍を作ることが出来ます。

 

母親の戸籍に入ることを望むのであれば、家裁に氏の変更許可審判の申し立てを行い、審判許可が出た後に市役所に入籍届を出すと母親の戸籍に入ることが出来ます。

 

住民票の移動も自由です。

 

市区町村役場に確認されると、わかりやすく説明してくれると思います。

 

以上、お答えします。

 

参考になりましたら幸いです。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問