JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

調停の段階から、代理人(弁護士等)に依頼しては、ダメなのでしょうか? 正直、相手方に会いたくありません。

解決済みの質問:

調停の段階から、代理人(弁護士等)に依頼しては、ダメなのでしょうか?
正直、相手方に会いたくありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

 

基本的に、調停は、当事者どうしでするものですから

弁護士の先生は特にご依頼する必要はございません。

 

また、調停は、調停委員を通じて行うものですから

相手方と会うことはございません。

 

例えば、私が知っている東京の家庭裁判所ですと

時間がずれていて、待合室も別々です(個室ではありませんが)

相手方が8階なら、申立人は7階とかです。

 

別々に調停委員が呼びにきますので会うことはありません。

 

感じとしては、ご相談者様が先に30分話したら

次に相手方が30分話して

また、ご相談者様が30分話して

最後に相手が30分みたいな感じです。

終わったらすぐに帰ります。

相手がしている間は待っている感じですが

時間差があるので、顔を会わせることは無いですね。

 

それでも、躊躇されるようであれば

弁護士の先生にご依頼されても良いと思います。

 

弁護士の先生と一緒に参加しても良いですし

弁護士の先生だけで代理交渉も可能です。

 

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問