JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

6 2 2

質問者の質問

息子夫婦ですが、6月に2人で話し合って離婚届けを書きました。 が、2人で届けを出しに行かず、平日仕事の息子は、その離婚届を嫁に預けて市役所に届けてくれるよう頼みました。
そのままお互いの実家に戻り生活しておりましたが、突然、家庭裁判所から離婚調停の通知が届いたのです。
息子夫婦には子供が2人いますが、養育費のことを決めていなかったので、その件だと思い指定された日に出かけたのですが、そこで調停員さんの話しに驚いてしまったのです。

離婚届は、4ヶ月たった現在も、まだ役所に届けておらず、2人は別居状態であるということと、さかのぼって6月からの生活費を請求されました。むこうが直ぐにでも離婚したいと言っていたから渡したのに、納得いきません。
支払わなくてはいけないのでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

 

息子様のことでありながら、ご相談者様のご苦労が分かります。

ご心痛お察し申し上げます。

 

その手の話はよくある話です。

やはり協議離婚と言うことであれば、きちんと離婚条件を離婚協議書に

公正証書ですべきでした。

 

ただ、すでに離婚調停となっているので

今後どうされるかですが、奥様側は、別居による婚姻費用の調停を申し立てて

いるということですね。つまりは離婚しないと言う感じでしょうか。

 

最初、ご相談者様の息子様に親権や監護権を与えると言いましたが

後で養育費が取れないと奥様が気付いたのでしょう。

それで急に態度を変えて、お金を取る方向に進んだのでしょうね。

 

それにしても、息子様も4カ月も離婚協議を放っておいたのも

ミスかもしれません。

確かに、息子様が離婚を望んでいなかったと言うのもあるかもしれませんが

 

婚姻費用に関しては、別居の期間支払わないといけませんが

6月まで遡って請求できるかの判断は難しいですね。

養育費もだいたいは遡れないことが多いです。

 

その間は請求しなくても生活が出来たと言う証拠に成るからです。

 

ただし、離婚届が出されないと、ずっと婚姻費用を支払うことになります。

とは言え、奥様の方に有責性があれば、離婚は可能ですが

離婚理由はどう言うことでしょうか。

 

離婚が成立しないと養育費の問題は起きないので

まずは、離婚を成立させて、親権を取るなどする方向に

向けても良いでしょう。

 

次回の調停までに、関連事件として、息子様の方から離婚調停を申し立てると

良いと思います。

そうすれば、婚姻費用の調停と同時に話し合いができます。

 

仮に、養育費が決まると(前年の年収ベースで算定表で決まっています)

それを払い続けることになり、お子様のために使わせたいと言っても

使い道まで規制ができないことになります。

 

親権と監護権も取るように進めて行くことですね。

 

もうひとつ、調停離婚のデメリットもあるので注意が必要です。

ほとんど9割以上が協議離婚なのに、戸籍に調停離婚と残ります。

見る人が見れば何かあったなとわかります。

再婚が難しくなる時もあります。それは奥様も同じですが

たいてい男性にDVや浮気があったと思われがちです。

 

調停で離婚条件が合意できたら、調停を取り下げて

協議離婚で、離婚協議書を公正証書にされると良いですね。

 

頑張って下さい。

専門家:  sakurabito 返答済み 6 年 前.

基本的に裁判所では、養育費も婚姻費用も調停を申し立てた時からの支払い責任を認めます。

 

遡っての請求を相手がするのは自由ですが、裁判所ではおそらく認めないでしょう。

 

離婚届けは日曜日で深夜でも出すことが出来ました、正直申しまして、届け出を妻に託した息子さんにも落ち度はあると思います。

 

離婚調停を相手が申し立ててきたことは、ある意味息子さんにとって好都合のように思います。

 

お嫁さんのわがままな理由による離婚について、調停委員会を含めてもう一度話し合える機会を得たわけですから、調停委員にお嫁さんがどれほど勝手なことをしてきたのかを説明したらよいと思います。

 

お子さんのために養育費を支払う考えをしている息子さんは素晴らしいとおもいます。

 

離婚が成立していないということは親権者もまだ確定していないということです。

 

養育費の支払いから、息子さんと子供たちとの交流、慰謝料や財産分与など。

 

あいまいなままの諸々のことをきっちり決めて調停を成立させたら良いと思います。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問