JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4690
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

2

質問者の質問

誰もこの様な2人の間へ仲裁に入ってくれるおせっかいで面倒みの良い人などいませんよね。そのような人を選んだ私がいけない、とまわりは言います。子供がいなければこのように私も悩みません。かといって子供は私やおじいちゃんになついでいますし、手放すことは考えていません。弁護士費用はどのくらいかかりますか?弁護士費用を夫に請求できますか?DVの証拠、証人はいます。養育費として夫の給料から毎月天引きできるよう手続きも弁護士がしてくれるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

最初のご質問は既に、他の先生がお答えになっておりましたので

私の方で、お答えすることができませんでしたが、先ほど前のご質問を確認させて

いただきました。

 

これまで長い間、DVのご主人に大変ご苦労されたと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

 

基本的に離婚をお考えであれば、どうもご主人が話し合いに応じる気配は

ございませんので、また、義母様もご相談者様には冷たいようですので

 

ご主人のDV及び、義母様の無理解を理由に、離婚調停を家庭裁判所に

申し立ててみてはどうでしょうか?

 

調停の場合は、弁護士の先生にご依頼される必要はございません。

当事者だけの話し合いになり、調停委員を挟んで、ご主人と顔を会わせることなく

話し合いを進めることとなります。料金も数千円です。

 

調停になれば9割方は、妻側に親権及び監護権もいきますし

ご主人のDVによる慰謝料も請求できます。

特にご主人にDVがあれば、お子様の親権等は更に難しいでしょうね。

 

財産分与は、どちらの名義であれ、基本は折半ですが

慰謝料と言うことで不動産の所有権を移転することは可能でしょう。

 

不動産、特にローン残のある場合、財産分与で揉めますが

そこは慰謝料として全部もらう形ですね。

ローンの支払いについては確かに、銀行がどう言うかわかりませんが

新しい保証人をご親族などに頼むなどすれば、最近は、ローンさえ払って

もらえれば、競売よりましと銀行も対応が緩やかとも聞きます。

 

ただ、離婚を覚悟であっても、市役所に「離婚届の不受理の届」の提出は必要です。

意外と勝手に離婚届を出す人もいます。

その場合、親権者欄があるので、注意が必要なのです。

また、離婚届を出せば、話し合いに応じない人もいます。

 

仮に仕事等で忙しいと、調停に出れないのであれば、弁護士の先生に

ご依頼することもできますが、着手金で30万円が相場で

調停に出るたびに5万~10万円は最低必要です。

また、成功報酬もあるので、財産の何十%は取られます。

 

訴訟になるまでは、ご依頼はされなくても良いかもしれませんね。

 

また、DVの証拠が欲しいので、傷など写真に撮ったり

病院や警察に行かれること臆せずされて下さい。

 

お子様に暴力をふるうようであれば、児童相談所に相談されれば

それで、親権はもうご主人は取れません。

 

それに、他にも婦人センター(女性センター)にご相談されば、対処はしてくれますし

実際、それらのところに相談に行った実績は離婚に有利に働きます。

 

養育費に関しては、前年度の年収等で算定表で額が決まっております。

それは法的に請求できるもので

協議離婚で、離婚協議書を公正証書で作った場合や

調停離婚で、調停調書で決めた場合、

未払いがあれば強制執行が可能となります。

 

ご不安であれば、離婚専門の行政書士か弁護士の先生にご相談されると良いですが

行政書士の方が、かなり報酬額はお安くなると思います。

 

頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問