JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4341
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

1

解決済みの質問:

いつもお世話になってます。陳述書は出来あがりました。

最大の問題は相手が調停 に来るかとうことです。
もし1回目にでもこなかったら、調停不成立になるのですか?

その後は、何か法律的なアクション、例えば訴訟など私の場合、起こせるものなのでしょうか。

裁判所からは、しつこく来てもらうようお願いするつもりです。
勤務先、連絡先、探偵使って調べようと思ってます。
住所は弁護士の権限で調べて貰ってますので、探偵事務所よりお得です。
日本にいるといいのですが・・・。

何度でも申し立ては出来るとは、裁判所から説明を受けたのですが、
一回やって来なかったら、違うやり方のほうが効率的と考えています。

実家の電話を調べて、立会人の事務所の司法書士の先生から連絡してもらう方法も考えています。自慢の「誠実な息子」さんですから、インパクトあるかと・・・
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきましてありがとうございます。

 

調停の場合、相手の住所がわかれば

2週間以内に呼び出し状が相手に行くと思います。

だいたい申し立てから1カ月後が調停日になることが多いようです。

基本的には地域によるので、地方都市だともう少し早いかもしれません。

 

東京だと調停はいつも待合室は、満員に近いです。

 

呼び出し状に、都合が悪い時は日程を変えるので電話するように

書いてあります。

無視して、当日来なければ、裁判所から連絡が行きます。

 

きつくではないですが、やんわりと、裁判所をなめてるのかみたいな

話で行きます。これでたいてい次は出ます。

 

調停は、何度も再調停はできますが

 

調停が話し合いによって不調に成らない限り

次の段階には行きません。

 

ただ、多分乙類事件の扱いのはずですから、審判からと言うのもありますが

やはり相手を引きづり出す調停ですべきでしょうね。

 

再調停を繰り返す方もいますので

何回かやって、相手が嫌になる感じであれば良いと思います。

そう言うことも相手にダメージを与えますからね。

 

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答、ありがとうございます。

 

流れがつかめて非常に参考になりました。

 

要は、相手がもううっとうしいので出ようという気にさせることですね。

 

実家作戦はやめます。親を巻き込むとかえって話がややこしくなりますし、

以前にも言われたように、親に知られたくないというのが最大の相手の

弱点だと思いますから。

 

「実家には知らせないでやってるんですよ」が私の最大の誠意と

受け取るかもしれませんしね。やぶへびにならないように気をつけます。

 

相手先が管轄なので、基本出向くということになるそうですが、

私の場合、健康上の問題がありますので、診断書を提出して

こちらでやって頂けるようにご配慮お願いするつもりです。

何しろ、長距離移動が出来ませんから。

 

こちらは田舎なので、裁判所はいつもガラガラ、暇そうにしています。

 

ただ、裁判所の方には、「遠方からなら、来ない可能性もありますよ。

お互い合意したところでやるという方法もあります」と言われました。

それも一理あるかなとは思います。

 

相手の仕事に配慮し、もし調停に臨んでくれるなら、這ってでもいかなければ

なりませんね。場所が条件で相手が言ってくるなら。

 

その辺、臨機応変に対応したいと思います。

 

とにかく、最大の関所は、「相手が調停に出てくること」ですから。

 

「たいていは出てくる」これは先生の経験からなのですね。

弁護士には、「インテリほど出てこない」とガツンと言われましたが・・・。

 

相手がどう出るかは分かりませんが、ちょっと安心しました。

 

それでも出て来ず、何度か申し立てしてもだめで、

それなら審判ということもやろうと思えばできるのですか?

 

審判も無視する可能性もゼロではないので、審判に臨むのも相手側は「任意」なのでしょうか?

 

また審判するに値するものと裁判所が判断するハードルは相当高いのでしょうか?

 

宜しくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

基本的には、相手方の住所地が、調停の家庭裁判所の管轄になります。

ただ、合意ができれば、どこでも良いことになっています。

これを「合意管轄」と言います。

 

 合意管轄は、よくあるのが、例えば、相手が東京で、申立人が大阪の場合

合意管轄を、間の名古屋にするなどが見受けられます。

 

 確かに、申立人に事情がある時は、申立人の住所地の管轄になることもございます。

例えば、妊娠をしていて、もう出産間近とか、生まれたばかりの小さなお子様がいて

誰も面倒見てくれないとかです。ご相談者様のように病気でと言うのも

あるかもしれません。

いずれにしろ、裁判所が働きかけても相手が応じなければ意味がありません。

 

 審判と言うのは、裁判所の職権で行うもので

当事者がお願いしてできるものではありません。

以前は、審判はなかなか離婚問題では出ないと言われていましたが

最近は、割と金銭的な問題では出るようです。

これも、裁判官が決めることです。

 

 調停が不調になれば、審判が出る場合は、審判に従いますが

審判が出なければ、裁判に移行して良いことになっています。

ただ、再調停でも構いません。

 

 弁護士の先生を雇えるのであれば、相手が出てきそうにないなら

先方の管轄にして、家庭裁判所に弁護士の先生に代理交渉してもらう手は

ありますね。

 

 月1回ですから、何とか頑張って、ご相談者様が出向くと言う

方法もあるでしょうね。

 

 とりあえず、呼び出し状が出て反応をみないとわかりませんね。

最初に、ご相談者様の管轄にして来ないようなら

相手の管轄で呼び出してみると言う流れもあるでしょうね。

 

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧な回答、ありがとうございます。

 

審判のハードルは高そうですね。特に金銭の関係では我々はないので、

(調停の中で求めるものは、金銭を盛り込んでますが)

調停でなんとかまとめたいところです。

 

お互い、それこそエネルギーの無駄みたいな感じですしね。

 

調停では今度こそお互い、妥協し、努力しあっていければと思います。

前回が、一方的でしたから。

 

自分が一番事情を分かっているので、調停は自分で臨むつもりです。

 

くどいですが、審判に移行した場合、相手は出廷義務はあるのですか?

 

また、裁判を起こしても、民事なので出廷義務は相手にはあるのですか?

もし裁判をおこして、相手が出廷しなかった場合、こちらの全面勝訴になるのですか?

 

宜しくお願いします。

 

いずれにしても、プライバシーの問題もありますから、不調に終われば、

再調停が望ましいでしょうね。

 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご存知かもしれませんが、裁判の場合は、欠席すると、相手の言い分を認めたと

なり、不利になりますが

 

調停では、不利になると言うことは直接はありませんが

審判を出されることがあります。

 

審判は、裁判官等が、これまでの話し合いで一番良い方法を考えて

提示するものになり、出席云々ではなく

審判調書が出されます。

 

2週間以内に不服がなければそれに従います。

 

今回のケースは裁判だとどうなるかは難しいですね。

そこは弁護士の先生とご相談いただくしかないですが

まずは調停に向けて全力を傾けて頑張って下さい。

 

不調以降のことは、不調になってから考えると良いですね。

調停等は、どうころぶかはなかなか分からないものです。

 

有利だと思っていたのが、不利になるとか

結構、担当で振れ幅もあるようです。

 

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
満足したユーザー: 4341
経験: 中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

 

ちまたのうわさによると、調停委員にいかに同情され、好かれるかがポイントみたいですね。 当たり外れもあるようですし。

 

ガツガツしてはいけないみたいな・・・。

 

おっしゃる通り、まずは調停、これに全力を傾けるべきで、

おそらく裁判は厳しいし、もうそこまではという気持ちもあります。

なにせ「不法行為」ではないらしいですから。

 

よっぽど相手が「離婚詐欺を働きました」と言わない限りは・・・。

 

不調に終わったら、またどうするかその時に考えるようにしないと

もうこちらの神経が持ちません。

 

不安が不安を呼び、いらぬことまで考えて疲れてしまってはしょうがないですものね。

 

なるようにしか、世の中なりませんものね。悟りの境地ですかね。

 

 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    829
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    829
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    305
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問