JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4801
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ケンカから妻の胸ぐらを掴んだら、妻が首を絞められたとして子供を連れて家を出てしまい弁護士を代理人として離婚調停を起こ

解決済みの質問:

ケンカから妻の胸ぐらを掴んだら、妻が首を絞められたとして子供を連れて家を出てしまい弁護士を代理人として離婚調停を起こしました。
調停では首は絞めていない、行為は反省すると主張しましたが不調に終わりました。
妻は離婚訴訟を起こすと言っています。
当行為は離婚事由に足るほどの暴力になるのでしょうか?
なお、そのような行為はその時1回だけです。

また、妻は通常の生活でも抑圧されておりつらかったと言っていました。
たしかに、ケンカの際には売り言葉に買い言葉で「遊びには行けるのに、俺の話は聞こうとしないなら家から出かけるな」等の心ないことを言ってしまったと反省していますが、本当に出かけるのを禁止していたわけではなく、翌日には子供を預かって快く送りだしていました。
このような発言も問題になるのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

 

後悔先に立たずとは申しますが、お気の毒です。

ただ、お話の内容から、結構、頻繁に口げんかレベルはあったような印象ですが

どうでしょうか?

また、暴力はやはり法治国家ですから、1回であっても、特に裁判所等では否定されます。

反省の仕方にも問題があったかもしれません。

奥様が家を出られた時に、どのような対応をされたかですね。

多分、実家か親類のとこに行かれたのでしょうが

ちゃんと迎えに行くなり、謝罪をしていますでしょうか。

そう言う部分は調停委員や裁判官には見られます。

 

DVとしては1回だけかもしれませんが、モラルハラスメントの回数は結構あったかも

しれませんね。

 

とりあえず、離婚届を勝手に出されては困りますから

市役所に行かれて「離婚届の不受理の届」を出しておいて下さい。

意外と勝手に離婚届を出す方はいますので注意が必要です。

 

ご相談者様が、、もし修復するにしても、今後は仲良く喧嘩せずに

一生やっていけるでしょうか。

 

修復しても喧嘩が続くようであれば、離婚の方向性で考えても良いかもしれませんね。

 

女性と男性の離婚の要請の場合

有責性がない女性が申し出ている場合は、ほとんど離婚に至ることが多いようです。

もう生理的に受け付けないと言うような態度に女性はなってしまうからでしょうか。

 

お子様に対してDVや虐待が無ければ会うことも可能だとは思いますが

小さいお子様だと奥様が会わせないようにするでしょうね。

 

やはり奥様に対抗して弁護士の先生にご依頼されて

最低でも、離婚しても条件的に有利になるように動いてはどうでしょうか。

 

それと根気よく謝罪していくことです。当然、二人だけでは限界があるので

ご両親やご親族等に働きかけてもらうのも大事です。

 

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 6 年 前.

早速の回答ありがとうございます。

出て行ってしまってからは電話では連絡が取れなくなってしまったため、幾度となく謝罪のメールを送りました。

また、妻の実家に謝罪に行こうとしたら弁護士から来られたら困るから来るなと手紙が送られてきました。

私も妻も勝気な性格なため、口げんかはありましたが翌日にはケロっとして普通に生活を送っていました。

また、休みの日には一緒に出かけたり、私が子供を預かって妻が遊びに出かけたりもしていました。

意見の食い違いからヒートアップしただけだと私が思っていたのが甘かったのだと思います。

 

私はきちんと話し合って解決したいと考え、なんでも正論をかざしていましたが、このような状況になるのは一番正しくないことなので、戻ってきてさえくれれば妻を尊重してやり直していけると考えています。

 

いくらでも謝罪するし、反省もするので戻ってきてほしいだけですので弁護士先生と相談して何とか対応します。

 

専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

確かに甘いお気持ちはあったかもしれませんが

十分反省していると言う態度は今後も大切ですね。

 

このようなケースの場合、「夫婦関係調整の公正証書」を作成すると言う方法も

あります。

これは、もう二度とDVはしない、したら、奥様に有利なような離婚条件で

離婚すると約束するものです。これで奥様も安心して

ご相談者様にも気持ちを抑えることができて喧嘩しなくなるかもしれません。

 

連絡が取れないとなると内容証明か何かで書面を送ることです。

 

また、最近の方は、安易にメールで済まそうとしますが

正式な謝罪と言うことではきちんとした書面が良いでしょうね。

 

内容証明送るレベルの段階では、弁護士の先生でもなくとも

離婚専門の行政書士でも良いでしょうね。

 

ただ、そこまで奥様が頑なだと難しい部分はあるでしょうね。

 

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 6 年 前.

「夫婦関係調整の公正証書」というのは私が行政書士の先生に依頼して書いたものを相手先に送付すればいいのでしょうか?

そのようなものを送ったということで、そこまでしなければならないほど夫婦関係が破綻しているということで離婚裁判で不利になることはありませんか?

専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

夫婦関係の破綻を証明するのは非常に難しいものがあります。

ただ、そう言う風に取らえられる部分もございますが

 

それ以上に、今回のことで大変にご相談者様が反省をされていると

言う姿勢が伝わることが大切です。

 

また、相手に有利な条件になりますから、お子様のことも考えると

もう一どやり直してみようと言う奥様の判断もあり得ますね。

 

反省して本気で修復する覚悟と言うのは伝わるでしょうね。

 

また、同時に、謝罪文を自分の思いを自筆で書いて出すことも

反省していることがより伝わると思います。

 

謝罪文も、ご依頼される離婚専門の行政書士の先生なら

サポートいただけると思いますよ。

 

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問