JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

夫の浮気等により三年半前に離婚。当時幼稚園の娘が一人。 話し合いにより高校卒業まで毎月9万の養育費に決まり、公正証

質問者の質問

夫の浮気等により三年半前に離婚。当時幼稚園の娘が一人。
話し合いにより高校卒業まで毎月9万の養育費に決まり、公正証書を作成してもらいました。
離婚から1年程で元夫の収入減少を理由に養育費を6万5千円に減額。
離婚から2年程で元夫が二人の子持ちの女性と再婚、さらにもう一 人産まれて五人家族に。(報告は今年3月)
そして今月、私も子供ができ再婚したのですが、相手に借金があり。
給料から支払いを引くと、四人家族月7万円しか生活費が残りません。
さすがに生活が困難なので、元夫に月5万を後2年だけ続けてもらえないかと頼みました。
しかし、向こうの奥さんも納得しないらしく、月3万なら2年払うと言われました。
公正証書があっても、やはり再婚すると希望の養育費は難しいのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

 

養育費は、公正証書で決めていても、増減ができるようになっています。

民法で言う「事情変更の原則」と言うことです。

 

今回のケースですが、ほとんどが減額条件にあたるようです。

 

まずは、元ご主人の収入の減少

そして元ご主人の再婚により養育するお子様が3人増えたこと

これにより大きく減額されます。

ご相談者様もお子様が出来たとありますが

これは数には入りません。

ですが義務者の元ご主人には

養育する子供が全部で4人となりますので

厳密ではありませんが、ご相談者様の方は

養育費の総額の4分の1に減額されます。

 

ただ、最初に決めたその9万円が算定表に基づいているかどうかもあります。

9万円と言うと、年収が800万円~900万円と言う感じですが

どうでしょうか。

調停になると年収ベースに戻されます。

 

また決定的なのは、ご相談者様が再婚されていることです。

本来であれば、再婚すると新しい養育者ができるので

養育費は免除となるのがほとんどです。

 

仮に、新しいご主人の養子にしていればもう絶望的ですね。

 

それでも3万円支払うと言うのは稀なケースです。

お優しい方なのかもしれません。まっ罪のないお子様の権利ですからね。

 

相手の借金と言うのはご相談者様の新しいご主人のことですね。

それは全く理由になりませんよ。そのことが分かって再婚しているのであればね。

 

裁判は意味がないでしょうね。基本的には最初に調停ですが

このケースでそれ以上要求すれば、調停委員から不信感をかうと思われます。

 

基本、二人お子様がいらっしゃれば子供手当とかあると思いますが

そのあたり、どうでしょうか。

 

とりあえず、3万円は事情が変わっても支払ってもらえるように

公正証書を作成し直した方が安全でしょうね。

 

公正証書の作成は、離婚専門の行政書士にご依頼されると

スムーズに進むと思いますよ。

 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問