JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

男性が海外に移住し、その国に帰化してしまった場合に、日本において成立した養育費支払いの請求はどうなってしまうのでしょ

解決済みの質問:

男性が海外に移住し、その国に帰化してしまった場合に、日本において成立した養育費支払いの請求はどうなってしまうのでしょうか。
また、養育費を請求が難しいケースをいくつか参考に教えて下さい。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

 

ご相談者様が、男性の方で、養育費を支払わないで良い方法をお知りになりたいのか

それとも、女性の方で、今回のようなケースを抱えていてお困りなのかわかりませんが。

 

基本は、どこにいたとしても養育費はお子様の権利ですから

その権利を無視するような行いは、法的にどうであれ

道義的にどうかと言う問題は起こります。

 

確かに、現時点での法律では

仮に、国内で公正証書で決めたとしても

国外にいて、未払いになるとどうしようも手の打ちようがないことはあります。

とは言え、男性のご両親等が国内に在住ならば

立て替えて支払っていただくか

連帯保証人になっていただくかでしょうね。

連帯保証人も無理強いはできませんから

難しいですね。

 

とは言え、日本国内に男性の会社があれば強制執行は可能ですね。

 

最終的には道義的な問題で、お子様や家族から恨みを買う覚悟は必要でしょうね。

 

養育費は増減が可能です。

免除となると、権利者の再婚とかが多い条件でしょうね。

後は、義務者が失業するとかもそうなります。

 

ご相談者様の真意がちょっとわかりませんので

この程度でご勘弁下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問