JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4772
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先日の回答を受けまして、相手に相談したとこ、私の好きなようにしていいと言われましたが、相手は月々の借金返済もあります

解決済みの質問:

先日の回答を受けまして、相手に相談したとこ、私の好きなようにしていいと言われましたが、相手は月々の借金返済もありますし。でも、しっかり養育費はもらいたいので。何百万も借金の肩代わりして最後は嫌いだったと言われたのですから。相手は転居済みですが、家庭裁判所はどこに行けばいいですか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

再度のご相談をいただきまして誠にありがとうございます。

 

離婚が確定した場合は、協議離婚と調停離婚の方法がございます。

 

すでに、ご主人が好きなようにして良いと言うのであれば

合意は出来ている訳ですから、協議離婚で離婚協議書を公正証書で作成するのが

一番良いでしょうね。

離婚協議書を公正証書で作成すれば、ご主人が養育費等を支払わなければ

強制執行が可能です。

公正証書は離婚専門の行政書士にご依頼されるとよろしいですね。

 

強制執行をする場合は、管轄の地方裁判所に申し立てることになります。

 

話し合いが出来ない場合に、初めて調停離婚になります。

ただ、調停離婚は費用は安いのですが

時間と手間がかかります。

また、9割以上が協議離婚なのに、戸籍に調停離婚と残ります。

見る人が見れば何かあったなと、再婚等にお互いが不利になりますし

お子様が戸籍を見たときに複雑な思いをするかもしれません。

 

また、調停離婚では調停調書が出ますが、公正証書のように

すぐには強制執行が手続上できません。

 

調停の申し立ては、ご相談者様の住所地ではなく

相手方(ご主人)の住所地の管轄の家庭裁判所になります。

 

ただ、お互いが合意すればどこでもよいことになっています。

これを「合意管轄」と言います。

 

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問