JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

非嫡出子に養育費を払う男性が他の女性と結婚して、主夫になって収入が無くなった場合に、法的には養育費を払う必要が無いの

解決済みの質問:

非嫡出子に養育費を払う男性が他の女性と結婚して、主夫になって収入が無くなった場合に、法的には養育費を払う必要が無いのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

今回の養育費のお約束は、公正証書でされているのでしょうか?

それっであれば強制執行も考えることはできます。

 

その部分で、口約束か私文書でも養育費の給付契約を作っているか

公正証書できちんと作ってあるかとかによって対応が違ってくると思います。

 

非嫡出子になった経緯にもよると思いますね。

 

お子様が認知はされているので養育費をいただく権利は

ご相談者様(実際にはお子様)にはあると思います。

 

ただ、どんな約束の方法においても

民法では事情変更の原則が成立するので

収入がないとなれば、また再婚をされていると言うのは

養育費の減額要件になってきます。

 

それでも、先方が払うと言うのではあればそれで良いと思いますが

何の連絡も無く、一方的に支払わないと言うのも問題でしょうね。

 

仮にご相談者様が経済的に苦しい状況では

最悪、生活保護の申請も考えないといけないかもしれません。

 

とりあえずは、協議で解決したいところですが

難しい時は、家庭裁判所に養育費の調停を申し立てるのが良いでしょうね。

十分なお話合いはされたのでしょうか。

 

収入が無いにしろ、これまでの預貯金はあるかもしれませんからね。

 

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

公正証書には二十歳になる月まで毎月4万円を払う事になっています。

”非嫡出子になった経緯による”とはどの様な事でしょうか。

公正証書が存在する事によって、逆に主夫になった時の養育費の減額または停止の申請を確実に行えると言う事でしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

非嫡出子ということですから、失礼ですが、ご相談者様とその相手のご主人と

ご結婚されてのお子様ではないということですよね。

その事実は、相手の奥様はご存知かどうかでしょうね。

 

心ある人であれば、ご主人にお子様がいらっしゃるということであれば

自分のお小遣い的な部分から出しなさいとか言っていただけるかもしれません。

 

また公正証書があれば強制執行が可能なので

相手が、減額の要求等してこなければ強制執行をする形になりますね。

強制執行は、管轄の地方裁判所に申し立てます。

ただ、先方が会社を辞めたと言うことであれば

本人の銀行口座から差し押さえるなどの形になります。

ここは地方裁判所で担当者にご確認された方が良いでしょうね。

 

公正証書が、相手に有利になるということはありません。

減額や免除を相手がしたいのであれば

協議か、養育費の減額調停を家庭裁判所に申し立てなければいけません。

 

まずは、内容証明で、慰謝料の未払いの請求をされることですね。

 

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問