JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4403
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

子供の親権を父親にする方法精神的に参っています 子供を引き取れない為 我慢しています妹夫婦に出て行ってほしい

質問者の質問

子供の親権を父親にする方法
精神的に参っています 子供を引き取れない為 我慢しています
妹夫婦に出て行ってほしい 離婚をしたいと言えば 子供を連れて行かれると我慢をしていますが
限界の様です 15時間たって まだ回答をもらっていません早々に回答お願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

 

お返事が遅れて大変申し訳ございません。

 

現時点の状況ですが

ご相談者様は、まだ離婚をされてないということですね。

妹さんご夫婦とのつながりがよくわかりませんが

一般的な、男性が親権を取る方法をアドバイスさせていただきます。

 

まず、離婚には大きく分けて、協議離婚と調停離婚が一般的です。

一般的と言いましたが調停離婚は、離婚に何らかの問題がある場合で

全体の1割もありません。

 

とは言え、ここで、調停離婚を出したのは

普通の状況で調停離婚だと9割方は母親に親権及び監護権が行きます。

ではそうならない1割のパターンは、奥様がお子様に対してDVや

ネグレクト(育児放棄)を行うなどです。それも児童相談所が入る位の重たいものです。

つまり、そう言う事情でもないと親権を調停離婚で取るのは難しいと言うことです。

 

できるなら協議離婚です。協議なら親権や監護権も自由に決められます。

 

親権と監護権と言う言葉を出していますが

親権と言うのはお子様の名前を変更したり、養子縁組をする時の合意権のような

ものです。実際に、お子様を育てるのは監護権となります。

よくあるのが、親権は父親、監護権は母親と決めてしまうことです。

 

ご相談者様の要求はお子様を育てることですね。

 

父親側に親権がいく条件としては、父親側のご両親やご親族が手伝っても

構いませんから、父親が母親がいないでお子様を育てたと言う

育児実績です。別居等して、これができると調停でもかなり有利です。

 

そう言う意味では、別居などして、母親側にお子様を連れていかれないことです。

 

また、意外と盲点ですが、勝手に離婚届を出されるのも駄目です。

離婚届に親権者欄があるので、そこも勝手に母親に書かれては終わりです。

すぐにでも「離婚届の不受理の届」を市役所に提出しておいて下さい。

 

また、お子様がある程度大きければ(小学校高学年以上)

お子様の判断に任せる場合もありますので、その点、お子さんにどう接するかですね。

 

だいたいこのような流れになります。

 

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

この内容は存じています

詳しく明記した文面は2度送信しました 何日経っても回答がなく

キャンセルしました。この文面の回答は不満です。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

大変失礼いたしました。

先週、私も専門家に登録したばかりで

ここのシステムにも不慣れでした。

先ほど、ご相談者様の以前のご相談案件を確認できました。

前回のご回答は一般的なもので、そこまでお悩みのご相談者様ですから

いろいろお調べになって知識も豊富なのだと思われます。

でしゃばった回答をいたしまして重ねてお詫びいたします。

 

以前のご相談内容をご確認いたしますと

あまりにも奥様とその妹様ご夫妻のずうずうしさに驚きあきれるばかりです。

 

まずは、その妹様ご夫妻を自宅から追い出す算段が先に必要になるのかもしれません。

 

ご自宅は、ご相談者様の息子様(以後「ご主人」)がローンで購入されたものですね。

そうであれば、すぐに売却すべきかもしれません。

その自宅がある限り、妹様ご夫妻も居着く訳ですから

ここは、ローン残高云々言っている暇はないと思われます。

 

最初は、かまをかけるような対応でも良いでしょう。

ご主人が堂々と、家族に、この家は故有って売却すると宣言しても良いでしょう。

いずれ離婚するにしても不動産は一番のトラブルのもとに成ります。

不動産屋に査定を求めれば、売却代金は無料で査定してもらえます。

そうなると、離婚においても本気度が伝わるでしょう。

 

とりあえず、前回も書きましたが

離婚届の不受理の届は必ずご主人に出させて下さい。

親権者欄に勝手に親権者を母親にされた時点でおしまいです。

 

ご相談者がいらして、お孫さんを実家に連れて帰ると

言うこともできれば試して欲しいのです。

その場合、数で上回る必要があるので、親戚一同、友人でも構いませんので

皆で話し合いになるかもしれません。

とは言え、あまり無茶なことはしないで下さい。

 

売却を決めた時点で、ご主人は別居されて下さい。

安いアパートでも、ウィークリーマンションでも構いません。

 

それと、財布のひもを奥様に握られているようですから

会社の総務部等に頼んで、給与振込口座を作り直して

ご主人がお金を管理できるようにして下さい。

 

問題にならないように、法定の婚姻費用は入れておくことです。

 

今回のケースでは、夫婦関係を破壊したと言うことで

妹様ご夫妻にも慰謝料を請求の可能性があります。

そう言う請求もして行って良いでしょう。

 

奥様達にやられっぱなしではいけませんから

ご相談者様が時間が取れれば

ご自宅に乗り込むべきでしょう。それだけでも奥様達にはプレッシャーになるはずです。

 

少々過激なご提案ばかりしましたが

そのぐらいの意気込みで臨まなければ厳しい相手でしょうね。

 

ただし、いろいろ陰惨な事件が起きているご時世です。

本来であれば、円満に解決していくことが本当は望ましいですね。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    835
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    835
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問