JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4618
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

2

解決済みの質問:

息子が離婚します 相手からも離婚してくれ と 言われており 離婚することは確実です
子供もまもなく2歳となり ます 息子は あきらめ切れないようですが 親権はあきらめる
様子です  
このまえ 双方の家族が 顔を合わせて二人の気持ちを聞く機会を持ちましたが 息子は
養育費は法で一般的に示された金額(4~6万)を提示していますが、相手は息子の収入の
4割(現在の息子の手取りは各種手当を含めて22万です) さらに、生命保険の受取人を
子供にすること 将来給料が上がるとともに 養育費の増額  大学がどうなるか解からないので
(たとえば医学部にいくとか)そのときは費用負担をすること などを 提示しています
この提示された条件では、息子の将来に金銭的な不安がのこり 再婚すら考えられいのでは
ないかと 思っています  どこまで の 条件で 折り合わせればいいいのでしょうか
今は 同居ですが 今月中に 出て行くように 言われています  離婚の意思は決まっていますが
協議が進みそうに ありません  妥当な条件も わかりません  弁護士に依頼するほうが良いでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

 

息子様のこととは言え、ご相談者様もかなり精神的にお辛いと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 

まだ、息子様ご夫婦がお若い方なのではないでしょうか?

若いうちの離婚は、あまり将来的なことを深く考えずに離婚条件も適当だったり

口約束など法的な効力がないものでやりがちです。

若いご夫婦の離婚後のトラブルが多いのも事実です。

 

ここは、ご相談者様も、息子様のためにも積極的に口を出していって良いと思います。

最近のご両親は子供の離婚問題に無関心な方も多過ぎると思います。

 

養育費の問題は、前年度の年収ベースによる、算定表通りで良いと思います。

算定表では4万円から6万円とすると、その考え方は、厳密に計算すれば

いくらと言うことではなく、その収入の範囲では、自分たちで4万から6万円の

範囲で決めてくれと言うことで、給与額によるものではありません。

ここは分かり難いかもしれませんね。

 

養育費の前に、別居をしている場合は、婚姻費用と言うのがあります。

これは養育費を含んだ生活費でもう少し高くなります。

これも算定表がございます。

 

確かに、養育費をもらう方は高くしたいでしょうし、払う方は安くしたいですよね。

その場合、もめるようなら、離婚調停を起こすしかないですね。

調停であれば算定表の通りの結論しか出てきません。

 

養育費に関しては一度決めても、増減ができます。

例えば、相手の奥様が再婚でもされれば、養育費は極端に下がるか

免除になります。一般的には再婚は免除ですね。

ただ給与が上がる度に、養育費が上昇すると言う考え方は想定していません。

小さいお子様ですと長い期間払うので、最初の額が安くなります。

大きいお子様ですと期間が短いので高くなっています。

これは奥様側の考え方がおかしいですね。

 

それと、入学金とか一時的にかかるものは、その時点で協議して決めるのが

一般的です。

 

生命保険の受け取りを息子様のお子様にすると言うのは

お子様が可愛くてそうしたいと言うのは自由ですが

仮に、再婚したりしてまたお子様ができればいろいろ考えますよね。

とは言え、生命保険は自分でいつでも変更できますから

決める意味がないですね。本来であれば、今まで入っていたなら

解約返戻金を折半するなどがあります。

 

離婚理由がどう言うものかわかりませんが

奥様の方も、離婚するからには自立していくことを考えて

いつまでもご主人にたかりのようなことをするのはどうかと思います。

 

離婚問題に関しては、裁判にでもなるのであれば(ほとんどありません)

弁護士の先生にご依頼されると良いですが(それなりのお金はかかります)

現時点では、専門家の行政書士に離婚協議書の作成を

ご依頼されるのも良いでしょうね。

 

まずは離婚条件を専門家と相談して考えて

別居をされているなら先方に内容証明などで提示すると良いでしょうね。

いろいろ決めごとはございます。

 

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問